全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター愛知 ひでまるギタースクール スクールブログ ピックの選び方...

ピックの選び方!

ピックは厚さ(硬さ)や形状、材質など、選択肢はとても多くて種類も豊富にあります。

結論から先に言ってしまうと、人の好みなので自分の好きな物を使えばよいと思います。

ただ、参考までにあくまでも主観的な意見ですが、音の傾向や弾き易さを紹介していきたいと思います。



<ピックの硬さでの違い>



ソフト(柔らかめ)⇒ピックのしなりを生かして、音色の使い分けが豊富にできる。カッティング系で使える印象。



ミディアム⇒オーソドックスなタイプ。エレキやアコギでも対応が効く万能な感じ。(初心者はこの辺りがオススメかな。)



ヘヴィー(硬め)⇒音が固くてパキパキと鳴る感じ。 ハードロックのリズムギターで合う印象。



<ピックの形状での違い>



おにぎり(三角型)⇒ピックが弦に触れる面積が多く、弦振動のロスが多い為、速弾き系(テクニカルプレイ)には不向き。 しかし、ストロークやカッティング系では多彩な使い分けが可能。



ティアドロップ型⇒ピックが弦に触れる面積が小さく、弦振動のロスが少ない為、速弾き系(テクニカルプレイ)向き。 



しかし、ピックの先端が鋭い為に、アタック感が強くなる傾向があり、甘い音や、豊富なバッキングスタイルの使い分けが困難。(固い音が好きな人は良いと思う)



スベリ止めがあるタイプ、ないタイプ!?



ピックには、スベリ止めとしてざらつきがあるタイプとないタイプの主に2種類があります。

結論から言えば、自分が実際に触って使いやすいと思うタイプを選べばよいと思います。



ただ、個人的には早いうちからスベリ止めがないタイプに慣れる事をオススメします!

なぜかと言うと、ピッキングの角度の調整によってギターの音色は豊富に使えるからです。

なので、スベリ止めがあるとその微調整が難しく、単一的な音色しか使えなくなりがちです。

「ディストーションサウンドオンリーで行く」方なら別に問題ないですが、クリーンとクランチサウンドなども使う方なら明らかな差が出てしまいます。

慣れの問題なのでピックを落としたくない気持ちはよくわかりますが、早い段階で練習して克服した方がお得だと思います。



<結局は個人の好み!>



ピックに関しては、ギターや弦などと同じで自分にフィットする感じや音の好みだったり人それぞれなので色々なタイプのピックを実験的に使ってみて試してみる事がいいと思います。

また、プロの人でもエレキ用とアコギ用だったり、リズムギターとソロだったり、ストローク系とアルペジオだったりと欲しいと思う音色を求めてレコーディングでは使い分ける方もいます。

沢山試奏してみて自分に合ったピックを探してみて下さい。

何かの参考になれば嬉しいです。

 

(2014年9月27日(土) 23:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

BOWWOWの山本恭司氏に師事!海外での音楽経験とフレンドリーさがウリ

ブログ記事 ページ先頭へ