全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター愛知 ひでまるギタースクール スクールブログ 初心者向けのエ...

初心者向けのエレキギターの選び方!(価格編)


今回は、ギターを購入する際に1番よく聞かれる「いくら位のギターを買うのが妥当ですか?」という価格について、個人的な見解もふまえて紹介していきたいと思います。



結論から言うと…



ギターを始めたばかりの人や、趣味で楽しむ程度にギターを弾いてる人達に関しては、人それぞれ懐事情は異なるかとは思いますが、あくまでも目安として、上限8万円以内のギターで十分だと思います。


いきなり、高価なギブソンや、ポールリードスミス何かの高級ギターを買っても一生モノとしてはいいとは思いますが、結局途中で飽きてしまったりとか、そもそも自分の好みの音や出したいサウンドが明確になっていない状態で買ったとしても宝の持ち腐れになってしまいます。



だから、まずは、上限8万円以内のギターで沢山試奏をして、自分の手に合った弾き心地が良いギターを選んでほしいと思います。




<定期的にメンテナンスをする事が大事!>



また、ギターは、弾かなくてただ置いてるだけでも部屋の温度や湿度やほこりなどでダメージを受ける楽器なので、定期的にメンテナンスをする事が大事です。



仮に、あまりギターを弾かない状態であったとしても、最低でも1年半に1度位は、楽器店に持って行きメンテナンスをしてもらいましょう。


とくに問題がなければ大体3,000円位で弦高調整とかしてくれるし、弾きやすい状態に微調整をしてくれます。



<家でもやっておきたい自己メンテナンス!>



プラスして、家でも自分でできるメンテナンスをいくつか紹介します。



①1ヶ月に1回は弦交換をする事!(最低でも2ヶ月に1回)


②練習が終わったらギタークロスでギター全体を拭き、汗や皮脂を軽くふき取る事!(とくに夏場)


③ギターは横にして寝かせるではなくて、ギタースタンドなどでしっかりと立てかける事!(ネックの反り具合に影響が出る為)


④弦交換する時は、ついでにフレットの金属部分を丁寧に拭く事!


⑤旅行とか、長期的にギターを弾かない時は、弦を緩めておく事!



などなど、本当にちょっとした心がけ一つでギターは長持ちするし、機材トラブルも少なくなります。



最後に…



最後に個人的な意見ですが、大体10万円以内で購入できるクラスのアーティストモデルのギターを買う事はあまりオススメしません。


大量生産の為、材質が良くないですし、価格のほとんどが広告宣伝費に投資されてる為、ネームバリューで売ってる感覚があるからです。


僕も高校生の頃に2本程アーティストモデルを買いましたが、あまり良い思い出がありません…。


なので、アーティストモデルとかは買わずにその分を貯金してゆくゆくは、自分が納得できるようなハイエンドクラスのギターを購入してほしいと思います。


何だかんだ言っても音の良し悪しは、価格と比例すると思っています。


何かの参考になれば嬉しいです!

 

(2014年9月10日(水) 23:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

BOWWOWの山本恭司氏に師事!海外での音楽経験とフレンドリーさがウリ

ブログ記事 ページ先頭へ