全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター栃木 つま弾くさとしのわくわくエレキギター教室 スクールブログ バンドリハーサ...

バンドリハーサルで思い出した。 「 ○○ を楽しむ 」 こと。

ここ数週間、地元イベントライブ出演に向けての


バンドリハーサルをやっています。





やっぱり、楽しいですね。とくにこの歳になると

“変な力がぬけて”純粋に演奏を楽しめるって感じで。





また、今回のメンバーでライブを行うのは初めてですが


メンバーみんな、明るく社交的で、ますます楽しませていただいてます。




そして、久々のバンドリハを通して思い出したことがあって、


今回書きます。





それは、「 休符を 楽しむ 」

もしくは 「 無音を 楽しむ 」


です。





休暇を楽しむ・・では、ありません。





やはり各パートは、それぞれが曲の雰囲気の中で


出たり引いたり が必要です。





自分を振り返ると

若いころは、




“音を詰め込む” とか 

“ギターバトル魂” とか 

“間が持たないから”とかで





ダラダラ・・・グチャグチャ、、演奏していたことを思い出します。





ま~若いと自己中なのは、仕方ないですよね。





今は、ボリュームペダルは欠かさず持ち歩き





生演奏の中のバランスを楽しんでおります。





では、どんなふうにバランスを楽しむか?





具体的にあげると、ギター担当の方は例えば





○Aメロは、弾かない


○サビは白玉(全音符)


○ボーカルがMC(しゃべっているとき)時は、完全無音にする


○歌中はボーカルより音量を小さくなおかつ音域をじゃませずに


○そのかわりに イントロやギターソロは、

ボーカルの大声やドラムのシンバルぐらい大きな音をだせる





などが、あげられます。





他のパートとも各曲の部分まで、打ち合わせておいて


リハーサルすると、同じ演奏力でも奥行きがだいぶでてきて、

バンド全体の表現力が確実にアップします。





バランスの事でミーティングすれば、


バンド内のコミニケーション力も上がり


演奏も上手になったら、一石二鳥。





さらにお客さんも楽しめたら、一石三鳥。





お試しあれ。





近況報告に戻ります。





また、今回のメンバーもそれぞれ気遣いが素晴らしく


皆さん仕事も良くできそうな雰囲気を持ってる方ばかりで、


本番がとても楽しみです。








 

(2014年7月16日(水) 17:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アルバムも4枚リリース!明るいコーチと上達が楽しめる楽しいレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ