全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター千葉 大場エレキギター教室 スクールブログ 弦を切る人とは...

弦を切る人とは!?

アコースティックギター教室のブログにも書きましたが、弦が切れて困ってる方々は少なくないと思います。

ギターの弦を切る人はピッキング時に余計な力が入っているからなんです。

よく弦を切る人はピッキングに余計な力が入っていると思って頂いて間違いないと思います。

では、何故余計な力が入ってしまうのでしょうか??

アコースティックギターのブログではコード弾きを想定して書いた為、『腕振りピッキング』について記述しました。

ここからはエレキによくある単音弾きで弦を切られる方を想定して書きます。

エレキの場合、力強く弾こうとして切るのだと思います。
そうなってしまう主な原因は普段の練習にあるんです。

力強いピッキングは力を入れて弦を弾くのではなく、ピッキング時のスピードによって生まれます。
しかし、これは普段の練習の際にアンプに繋いで自身の音を聞き取れる状態で練習しないと気付きにくかったりします。

エレキギターはアンプに繋がないと、自分の弾いた音を確認しづらいですよね。

普段の練習でアンプに繋がず練習する人は、自分の音が分かりづらい為、ついつい必要以上の力を入れてピッキングしてしまい、それが弦を切るといった結果に繋がるのです。

試してみてね(^-^)

弦を切る人とは!?

(2014年7月7日(月) 22:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロサンゼルスで武者修行!ハードな演奏とは裏腹にゆる~いキャラクター

大場エレキギター教室
大場真路 (エレキギター)

西船橋・小岩・市川・本八幡・船橋・津田沼・葛西・浦安・行徳

ブログ記事 ページ先頭へ