全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 マコトのエレキギタースクール スクールブログ 右手が大事?、...

右手が大事?、左手が大事?・・・いやどっちも大事ですぞっ!!!

前回『チョーキング』のお話をしましたが、
今回はギターを弾く時の『手』についてです。

何に関しても言えることだと思いますが
ピッキングは勿論、フィンガリングも
適切な方法でやらないと良い音ってでないんですな〜。

今回は左手のフィンガリング編です。


初心者の方にありがちなのが

『リンゴでも潰すんかいっ!』

って位に異常に左手に力が入っていることです。

コードフォームにしてもフレーズにしても
力が入りすぎているとコードチェンジや
フレット移動がスムーズに行えず
ままならなくなりますよね。

また、フィンガリングで指に力が入りすぎていると
鳴ってる音がうわずっちゃったりします。


この問題の原因は、

フレットやコードを押さえて弾いても
『ペチッ』
とか鳴って音が出なかったり音が伸びないな〜。



しっかり押さえられてないのかな〜?



左指に無駄な『力』が入る。



こうなると先ほど述べたような問題にぶち当たります。



左手のポイントはズバリ指の『どの部分』を使って
フレットの『どこ』を押さえてるかなんです。



特にコードの場合は力が入れば入る程、
指の腹がお隣の弦に当たって更に事態が悪化します。

そこで、この攻略法として初心者の方は基本的に指の
『先』でフレットを押さえてる事を意識してみましょう。

試しに指の先でフレットを押さえた弦を弾いてみましょう。
弦をピッキングしてからフレットを押さえた指に
力を入れてみると音程が少し上がったのがわかりますか?

これが『うわずり』の原因のひとつです。
無駄な『力』が入っていると正しい音程が
出ていない事になってるんですな。



レッスンでは指の押さえるポイントや
フォームを直に見てもらう事で
より理解してもらいやすいと思うし、
フレットのどの部分を押さえればいいのかなどの
ポイントを詳しく丁寧にレッスンしていきますので
是非体験してみてくださいね~。

左手の使い方に悩んでいるアナタ!!
とにかくまずは無料体験レッスンでお待ちしてるので
是非参加してみて下さいねっ!!


次回はピッキングの『右手』編ですよ〜。

 

(2014年7月2日(水) 0:44)

前の記事

この記事を書いたコーチ

近所のお兄さん的存在!圧倒的な親しみやすさでどんな悩みも相談可

マコトのエレキギタースクール
稲田 誠 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・秋葉原・四ツ谷・吉祥寺・三鷹・大久保・中野・高円寺・阿佐ケ...

ブログ記事 ページ先頭へ