サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 マコトのエレキギタースクール スクールブログ 感情表現の手段...

感情表現の手段として

ギタリストの個性っていうと色々ありますが、
例えば『音色』、『弾き方(ザマ)』、『トーン』などですかね。

一流と言われているギタリストは皆自分独自の
『音色』や『トーン』を持ってますよね〜。

ギターの音を聴いただけで「あっ。これ◯◯だっ!」って
分かるのはスゴい武器になりますよね。

私がもっとも注目するのは『ベンド』。
いわゆる『チョーキング』てヤツです。
これに個性のあるギタリストについつい耳が行ってしまいます。
私が聴いてきた音楽の中で特に『こりゃ〜、バケモンだわっ!』と
思うギタリストは2人。

『ジェフ・ベック』と『スティーヴ・ヴァイ』です。

有名すぎる両ギタリストですが各人恐ろしい程個性的な
『音色』を持っていて聴けば一発で『あっ。』ってなるお方達です。

アプローチは両極端だと思うんですが、
『ジェフ・ベック』はその『瞬間』の
感情を吐き出す『チョーキング』
『スティーヴ・ヴァイ』は曲調、曲の構成含め、
練り込まれた作品としての『チョーキング』ってとこでしょうか。


残念ながらまだ『スティーヴ・ヴァイ』は生で観る機会が
ないんですがCDやライヴ映像でも充分その恐ろしさは
感じる事ができます。

『ジェフ・ベック』は何回かライヴも観に行ってるので
ステージパフォーマンス含めその『音色』はまさに唯一無二です。

初めて『ジェフ・ベック』を観に行った時は、
これまた別のベクトルでの変態ギタリスト姉さん
『ジェニファー・バトゥン』が相方だったもんで
そのインパクトったらもう・・・。

一般的にも『マイケル・ジャクソン』のツアーに参加して
『ジェニファー・バトゥン』の知名度が少し上がってはいたので
意外と(失礼)彼女への歓声がスゴくてビックリしました。
気になった方は是非映像をチェックしてみて下さい。

ちょっと話はそれましたが両名の『チョーキング』は是非
注意して聴いてみる事をおススメしますっ。

『どんだけバリエーション持ってんのっ!?』

っていう程に曲調、アンサンブル、感情に合わせて
絶妙な『チョーキング』を聴かせてくれます。


まだギター初心者の方は狙った音程に当てる事を注意して
『チョーキング』の練習をしていると思いますが、
両名のそれを注意深く聴くと、わざと少しうわずらせたり、
ビミョーに届いてなかったりと実にイヤらしい(感情豊かな)
表現をしているのが分かると思いますよ〜。







 

(2014年6月29日(日) 1:20)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

前回『チョーキング』のお話をしましたが、 今回はギターを弾く時の『手』についてです。 何に関しても言えることだと思いますが ピッキングは勿論、フィンガリングも 適切な方法でやらないと良い音ってでないんですな〜。 今回は左手のフィンガリング編です。 初心者の方にありが...

ギタリストの個性っていうと色々ありますが、 例えば『音色』、『弾き方(ザマ)』、『トーン』などですかね。 一流と言われているギタリストは皆自分独自の 『音色』や『トーン』を持ってますよね〜。 ギターの音を聴いただけで「あっ。これ◯◯だっ!」って 分かるのはスゴい武器になります...

ギターストラップってギタリストの 密かなこだわりを感じますよね。 ナイロン、革、毛的なものなど素材は様々ですが、 皆さんもちょっとしたオシャレ感覚で自分好みの ストラップをチョイスしてるんじゃないですかね~。 私はライヴやイベントで対バンするギタリストの ストラップをチェッ...

今回は私がライヴ前にやるウォーミングアップ方法を 紹介しましょう! 体のウォームアップに人それぞれのやり方があるように、 左指のそれも皆さんそれぞれやりやすい方法を 編み出してるんじゃないですかね? 私が編み出した(と思っている)この方法は別に ウォームアップに限らず、普段...

つい先日ですが、レッスン用にニューアイテムを 購入しましてね。 zoomの『G1on』ってヤツでしてね。 いやぁ、最近はこういういわゆる『マルチエフェクター』って 全然使ってなかったので進化ぶりにビックリしました。 マルチとしてのエフェクト種類ももちろん豊富ですが、 エ...

ブログ記事 ページ先頭へ