全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 マコトのエレキギタースクール スクールブログ 密かなるこだわ...

密かなるこだわり?

ギターストラップってギタリストの
密かなこだわりを感じますよね。

ナイロン、革、毛的なものなど素材は様々ですが、
皆さんもちょっとしたオシャレ感覚で自分好みの
ストラップをチョイスしてるんじゃないですかね~。

私はライヴやイベントで対バンするギタリストの
ストラップをチェックするのが好きでリハ中などは
まだそのギタリストと話してない段階で
使っているストラップを見て人となりを妄想してます。

よく見かけるのはアーニーボールの
レインボー柄、ロックテイストの強いビョウが付いた
革ストラップ、思いっきり『Fender』のロゴが
入ったシンプルなヤツですかねぇ。

ライヴ後になんでそのストラップを使ってるかも
必ず聞くんですが、大体3パターン位の答えが返ってきます。


1、バンドのカラーやジャンルに合ったモノをチョイス

2、自分のプレイスタイルやギターデザインに合わせたチョイス

3、いやぁ、なんとなく~(汗)

です。


私の場合は使うギター個々の雰囲気に合わせて
自分なりにストラップをチョイス派ですが、
結構多い3の答えの場合は

「そんな事聞いてくれるなやっ」

ばりに軽く引かれてます。

スマンと思いながらも
「だって、気になるんだから仕方ないじゃん」
と心の中で呟いちゃうんですな。

密かなるこだわり?

(2014年6月26日(木) 0:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

近所のお兄さん的存在!圧倒的な親しみやすさでどんな悩みも相談可

マコトのエレキギタースクール
稲田 誠 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・秋葉原・四ツ谷・吉祥寺・三鷹・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪...

ブログ記事 ページ先頭へ