サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 三村エレキギタースクール スクールブログ 調整について【...

調整について【弦高とP.U】

こんにちは。

前回に引き続き調整について書いていきます(^^)

前回ではネックの反りについてお話したので、今回は弦高とP.Uについてです。

ということでまずは弦高を調整です。
弾き心地に直接影響してくる大事なところです。


ブリッジをいじって高さを変えられます。
レスポールなんかに載っているブリッジは、両脇の2ヶ所を回せばいいのですが、ストラトにある様なシンクロナイズドトレモロのようなものは、各弦ごとにブリッジのコマが設けられているので、ひとつずつ高さを調整しないといけません。


そして調整するにあたって高さを決めるわけですが、特にこれと言った決まりはないのでお好みの高さで大丈夫です。


一応目安としては12フレットで測ったときに6弦で1.5mm 1弦で1.2ぐらいとしておきます。


僕はこれよりもちょい低めに設定しています。
高いと早いフレーズがやりづらいので。
逆に低いと左手でのミュートがやりづらい。


演奏する上でなるべくストレスを感じることの無いよう、自分の中でベストな高さを見つけてください。


弦高の調整を終えたら、次はP.Uの高さを決めます。


ブリッジ側のリアからやっていきましょう。
ブリッジの両脇に調整するネジがあります。


こちらも正解の高さはないのでお好みで笑


最終フレットを押さえて、弦からポールピースまでの距離を見ます。

このとき2mmくらいは開けておきたいです。

あまり近すぎると弦がポールピースの磁力に引っ張られてしまいます。

逆に遠すぎると音を拾えないのでちょうど良いかんじで。


リアの高さが決まったら次はネック側にあるフロントです。

こちらは、リアとの音量のバランスを聴いて調整してあげます。

ピックアップを切り替えたときにどちらかだけ大きい音にならないようにしましょう。



以上が弦高とP.Uの調整になります。
どちらも特に正解はないので、いろいろいじくって自分好みの状態にしてみてください(^^)

 

(2014年5月18日(日) 13:49)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

前回からだいぶ間が空いてしまいました。久しぶりのブログです…笑 ここ数ヶ月色々と活動していました。 バンドで全国ツアーに行ったりと、音楽の楽しさを再確認できました!音楽で旅するってイイですね。 さて、今回はオクターブ調整について書きたいと思います(^^) 数回に分けて書いてきた...

こんにちは。 前回に引き続き調整について書いていきます(^^) 前回ではネックの反りについてお話したので、今回は弦高とP.Uについてです。 ということでまずは弦高を調整です。 弾き心地に直接影響してくる大事なところです。 ブリッジをいじって高さを変えられます。 ...

こんにちは(^^) 今回はネックの調整方法を書きたいと思います。 どんな調整をするにもまずはここからです! ギターは木で作られているものがほとんどです。なので、湿度を吸ったり気温の変化によってネックの状態も変化します。 反る方向によってフレットの音がビビったり詰まったりと演...

ギターを始める時、コードブックを見ていろんなコードを覚えるところからって方は多いかと思います。 かなり地道な練習ですよね。 押さえ方はたくさんあるし指もめっちゃ痛いです笑 もちろんこれからギターを弾く上でとっても大事になってくることなので覚えるに越したことはないのですが。 ...

こんにちは。三村亮介です。 今回はギター以外の楽器についてのコピーについてちょっとお話したいと思います。 ギターを弾く際に、毎度毎度同じ様なフレーズや運指で、またこれ弾いてるよ自分…。 みたいな状況って誰しもあると思います笑 そこで、ギター以外の楽器からアイデアを拝借して現...

ブログ記事 ページ先頭へ