全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター宮城 freeDrive-Guitars スクールブログ 【できる!】耳...

【できる!】耳コピ(第二回)

耳コピの極意、第二回のテーマは、「耳の鍛え方」です。

前回の記事の中で、耳コピには次の二つの力が必要とお話ししました。

・音を聴き分ける力
・照合する力

今回は、これらを身に付けるための鍛錬方法をお伝えしようと思います。

(例によって、今回もワタシの持論です。)



まず、「音を聴き分ける力」からいきましょう。

まず、一般的な編成のロックバンドサウンドを例にとると、パートは、ギター、ベース、ドラム、キーボード、ボーカルに分けられると思います。
それらの音源は、大抵の場合、2チャンネルのステレオにミックスされています。
ギターは、真ん中よりも左右どちらかに振られることが多いです。また、レコーディング音源などは左右両方に入っていることの方が一般的かもしれません。
(実際には、もっとものすごい数のトラック数が入っている場合もありますが、便宜上、割愛します。)

ギターの音を認識するのは、特にロック系の歪んだ音の場合は特徴的なので、比較的容易かと思われます。
ただ、歪んだ音に慣れていないと、音程をとるのは難しく、最初はグシャグシャしたノイズしか聴こえないかもしれません。

ギターを耳コピするには、このノイズのような音から「音程、和音」を導き出さなければなりません。

そこで手助けになるのが、ベース音です。
ベースは、真ん中寄りに定位していることが多く、ギターと違って単音弾きがほとんどなので、ギターよりも聴き取りやすいと思います。

なぜベースが手助けになるかというと、ベースのフレーズは、ギターが弾いている和音のルート音になっていることが多いため、ベースの音から和音を推測しやすい、という理由です。

また、ツールを活用して、ある特定の楽器(というか、定位と周波数)を目立たせる、もしくは除去することで、聴き取りやすくするのも手です。
この辺のおすすめのツールについては、次回詳しくお話しします。



次に、「(音を)照合する力」についてです。

楽曲から聴き取ったギターの音を、ギターで弾くとどのポジションのどの弦なのか、弾きながら探す作業です。

これも単音の場合は比較的簡単に見つかると思いますが、和音になると、とたんに難しくなります。
そうは言っても、ロックのバッキングの場合は、5度のいわゆる「パワーコード」が主体の曲も多いので、前述のとおり、ベース音を手掛かりに探していくと、見つけやすいと思います。

では、それ以外の和音はどうやってみつければ良いのでしょうか?

ひとつは、和音の中から聴き取れる音をひとつずつ抜いて合わせていく方法です。

ワタシの場合は、まず一番低いルート音を見つけてから、次に、最も高い音から順にひろいます。

ただ、これも慣れないと和音を一音ずつバラすのは、そうとう根気が要ります。


そこで手助けになるのが、コード(和音)パターンです。
AmとかG7とかのアレです。

ギターの場合、押さえ方のフォーム(型)をいくつか覚えれば、あとは平行移動で音を合わせられますので、その型をどれだけ知っているかで、照合がやり易くなります。

では、その「型」をコードブックを見ながら、闇雲に片っ端から暗記していけば良いのでしょうか?
・・・正直、大変ですよね?

近道なのは、まずはスコアを見ながら、色んなジャンルのアーティストの曲をコピーしまくることです。
スコアを見ながらコピーしていく中で、その中に出てくるコードを自然に覚えていけると思います。

ただ、市販のスコアが必ずしも100%正しいとは限りません。
おかしいな?と思ったら、他の情報をあたってみるべきです。
特に、トリッキーな奏法や、特徴的なフレーズがあるギタリストについては、ギター専門誌等のインタビューや奏法解説を探してみるとよいでしょう。

で、何曲かコピーしてくるとわかると思うのですが、「この響きがm7か。で、これがsus4で・・・」と、よく出てくるコードの押さえ方と響きがだんだん一致してきます。

勉強でもなんでもそうですが、応用力を付けるためには、丸暗記ではなく、分析してパターンなり特徴なりを抽出して蓄積していくことが必要です。
あくまで耳を鍛えるという意味で。

あと、コードのほかにもう一つ、スケールというのも覚えておくと、ギターソロなどの単音メロディの照合が早くなります。
極端な言い方をすると、曲調がメジャー(長調)かマイナー(短調)かくらいわかれば、あとはダイアトニックスケールで大体何とかなりますw。
この辺の理論については、他の先生方のブログに詳しく書いてる場合もありますので、そちらを参照してくださいね。



耳コピの訓練の方法としては、まずは単純な構成の曲からやってみて、徐々にレパートリーを広げていけばよいと思います。

ワタシの場合も、最初は、パワーコード主体のパンクロックやHR/HMから始めました。
特にHR/HMは、YG誌の本人奏法取材記事を目を皿のようにして見ながら、本人の得意フレーズやチューニングなどのネタを仕入れて知識として蓄えていきました。
で、次に、カッティング主体のファンク、ミクスチャーロックが流行った際に、それ系の特集記事やスコアで、カッティングフレーズのコードバリエーションと、知識を身に付けました。
そして最近、アニソンをカバーするようになって、いままでの知識をフル活用してコピーやカバーアレンジができるようになりました。
ただ、難しい曲もあって。
同郷(宮城県)出身の「菅野よう子」さんの楽曲はかなり難解で、一聴しただけではコードが聴き取れない、というか、ギターではあまり出てこない和音の曲が多く、大変でした。
具体的には、アクエリオンやマクロスFの楽曲です。
その場合、ワタシがどうやって乗り切ったのかというと、ピアノ用の譜面を元にそれをギターに置き換えて、聴き取った響きと突き合わせて、使えるフォームを探していきました。
ただ、結果的にみると、案外ギターのフォームとしては、しっくりくる音使いだったことがわかりました。



いかがでしたでしょうか?
ちょっと詰め込みすぎましたかね・・・。
さて、次回は耳コピのためのおすすめツールなどをご紹介したいと思います。

 

(2014年5月8日(木) 21:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

YouTubeで30万再生を突破!アニソン好き、耳コピを極めたい方必見

freeDrive-Guitars
小林カツノリ (エレキギター)

あおば通・南仙台・長町・仙台・勾当台公園・広瀬通・五橋・河原町・長町南・富沢・青葉通...

ブログ記事 ページ先頭へ