全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター宮城 freeDrive-Guitars スクールブログ 【できる!】耳...

【できる!】耳コピ(第一回)

いまやワタシの代名詞となっております「耳コピ」ですが、これから3回に渡って、その極意をお伝えしようと思います。
(あくまで持論です。)

第一回のテーマは、「耳コピとは?」です。



これは文字通り、「スコア(譜面)無しで曲を耳で聴いて覚えて弾ける(コピーする)」ことです。
スコアが要らないということは、スコア未発売の新曲が誰よりも早く弾けたり、スコアが出そうもないマニアックな曲を弾けたり、ということですので、まさに良いことづくめのスキルです。

でも、お恥ずかしい話、ワタシは譜面(五線譜)を読むのもあまり得意ではありませんし、絶対音感もありません。


では、なぜそんなことができるのでしょうか?

おそらく、他の人よりも「音を聴き分ける力」と「照合する力」が若干長けているからでは?と考えます。

まず、「音を聴き分ける力」とは、楽曲の中から、例えばギターパートのみを聴き取り、なおかつ和音の響きを頭に覚え込む力です。

次に、「照合する力」とは、相対音感・・・つまり、頭の中で鳴っている音と、ギターで弾いた音を比較して、一致した音を見つけられる力です。

これらは、いずれも鍛えることによって身に付く能力だと思います。
もちろん、ワタシも最初から出来ていたわけではありません。
自信を持って「完コピ(完全コピー)できた!」と言えるような力が身についたのは、ギターを始めて3年目くらいだったと思います。

では、どうやってこれらの力を身に付けていったのか、というのを次回お話します。

 

(2014年5月7日(水) 21:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

YouTubeで30万再生を突破!アニソン好き、耳コピを極めたい方必見

freeDrive-Guitars
小林カツノリ (エレキギター)

あおば通・南仙台・長町・仙台・勾当台公園・広瀬通・五橋・河原町・長町南・富沢

ブログ記事 ページ先頭へ