サイタ音楽教室ギター教室エレキギター宮城 freeDrive-Guitars スクールブログ 自分の演奏動画...

自分の演奏動画がdisられたら・・・

 YouTubeでもニコニコ動画でもそうですが、演奏に対して、コメントや評価をする機能があります。
 投稿者としては、良い評価が入ったときには、すごく自信になりますし、「次もギターがんばろう!」というモチベーションUPにもつながります。これは技術向上に本当に効果があります。
たくさんの人に観て聴いてもらい、反響をもらえるということが、これほど充実感を得られるものだとは思ってもみませんでした。

 ですが、常に良いコメント・評価ばかりではありません。
 的を得た厳しい評価がついたときは真摯に受け止め、反省材料にすればよいのですが、中には単なる誹謗中傷に近いコメントもあります。

 最初のころは、そういうコメントに対しても、まともにレスポンスを返したりして、相当、精神的にダメージをうけました。でも、ネット界隈の人々から、 「スルー力(りょく)が重要だよ。」と教えられたことで、だいぶダメージを抑えることができるようになりました。
 いわゆる「disる」コメントというのは、動画に限らず、ブログやSNSではよくあることで、いちいち相手にしていたら、どれほど強靭なメンタルを持っていてももたないでしょう。
 そこで必要なのが「受け流すチカラ、すなわちスルー力」というわけです。
 これは簡単に身に付くものではありませんが、私も徐々に慣れてきて、だいぶストレスが軽減されるようになった・・・ような気がします。

 そうそう、こんなこともありました。

 とある私の投稿動画に、disりコメントが付いた際、私がスルーしていると、他の閲覧者の方々が、私の代わりにdisりコメント投稿者に反撃(?)してくださったのです。
 また、私の投稿動画の音源をパクって公開している人がいる、という情報をくださった方もいて、しかもその方は、パクり投稿者(中高生?)に説教までしてくれた、と。(最終的には、パクったことを反省して自ら取り下げた、と伺いました。)
 いずれも見ず知らずの方々の自主的な営みです。
 この体験から、「あぁ、ネット上には自浄効果もあるんだなぁ。」としみじみ実感いたしました。



 このように、コメント機能にはマイナス面もありますが、それを補って余りある、プラスの効能があると実感しております。
 みなさんも必要以上に怖がらず、チャレンジしてみることをおススメします。

 

(2014年5月5日(月) 15:16)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

今日から始まった新仮面ライダーの主題歌を耳コピしました。 動画はこちらからご覧ください。→http://youtu.be/JpesBlxyQo8 ガイムに続いて4作連続で「放送初日耳コピ」完遂です(笑)。 特撮系の主題歌は、ギターが目立ってかっこよく、適度にテクニカルですので、チ...

ヤマハTHR10、プロギタリストの間でも評判ですね! 遅ればせながらワタシも使ってみました。 (ステマではありません。ホントに正直な感想です。) * ワタシは、ライブ用にMESA-BOOGIEのスタックアンプを所有しています。 自宅練習+宅録用には、PCソフトのJamVoxが...

我が家には子供用のエレキギターがあります。 買ったのは、長女が未だ未就学児だったころです。 ギタリストの父としては、一日でも早く子供とギターを楽しみたい・・・との一心で、子供の意思と関係なく、早々と買い与えたのでした。 今思うと、ちょっと早かったかな、と反省しております。 もちろん...

最終回の今回は、耳コピに便利なツール類をご紹介したいと思います。 執筆時点(2014/5)の情報に基づいています。 * まず、耳コピするのに必要な機能は、あたりまえですが、楽曲を再生するツールです。 携帯音楽プレイヤーでも良いですし、PCのソフトでも、スマホアプリでも良いで...

耳コピの極意、第二回のテーマは、「耳の鍛え方」です。 前回の記事の中で、耳コピには次の二つの力が必要とお話ししました。 ・音を聴き分ける力 ・照合する力 今回は、これらを身に付けるための鍛錬方法をお伝えしようと思います。 (例によって、今回もワタシの持論です。) ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ