全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター宮城 freeDrive-Guitars スクールブログ 【HowTo】...

【HowTo】ギター二本分を一本で弾くには

バンドで曲を決める時にぶつかる壁として、「この曲やりたいんだけど、ギターが2本以上入ってるんだよなぁ・・・ウチのバンドはギター一人なんだけど、何とか一本で弾けないかなぁ。」
というケースがあります。今日は、そんな時の解決策をいくつかご紹介します。

1.コードを中心に弾く
 最低限、楽曲が成り立つようにするには、ボーカルが歌いやすいようにコードトーンを中心に拾うことです。

2.印象的なフレーズを拾う
 曲の中で、裏メロ的にアルペジオや単音のシーケンスフレーズが入っていることがあります。
 それらが入ることで、曲にメリハリが出る場合は、単なるコードよりもそちらを優先する方が良い場合があります。

3.音の厚みを考える
 前述した話に関連しますが、単音フレーズを弾いた場合、バンドアンサンブルとして、音がスカスカに聴こえるときがあります。その場合、私がよくやるのは、オクターブを下げたり、コードを交ぜたり、エフェクター(オクターバー、ピッチシフター等)でオクターブ上もしくは下を加えて厚みを出す方法です。

4.本人のライブアレンジを参考にする
 これが一番参考になるかと思います。
 ライブになるとサポートギタリストが入るバンドもありますが、大概の「ギターヒーロー」と呼ばれる方々は、一人用にアレンジしていることが多いです。
 ワタシも古い話で恐縮ですが、BOOWY時代の布袋さんのライブアレンジが秀逸で多大な影響を受けまして、今の礎になっています。
 何より、「本人が演っているんだから、それが正解。」という安心感がありましたね。

5.最後は、割り切る
 どうしても一本にまとめられないフレーズもありますし、どうしても音が薄くなる場合もあります。その時は、覚悟を決めて、堂々とチョイスしたフレーズを弾きましょう。


では、具体例をいくつかご紹介します。

ワタシがYouTubeにアップしている曲は、大概、ライブを想定して1本にアレンジしていますので、その中から。

(1)《TABあり》【Guitar Cover】仮面ライダー鎧武(ガイム)OP
  https://www.youtube.com/watch?v=tSDCAzEXc6c

・イントロ~Aメロは、ほぼ一本なので問題無し。
・Bメロから、高音で印象的なフレーズが入り始めるので、メリハリを効かせるため、そちらをチョイス。
・サビもシーケンスフレーズが印象的なので、そちらをチョイス。ただ、バックがスカスカになる恐れもあるので、若干ボリュームを上げつつ、堂々と弾ききる。(←これ重要)

(2)《Guitar Cover》St.Seiya Omega op 3
  https://www.youtube.com/watch?v=ff4kppaYsYQ

・イントロのフレーズが印象的だが、本物はツインリード・・・。なので、一本で音の厚みを確保するため、ピッチシフターでオクターブ下を加える。
・Aメロの合間に、高音のツインリードの合いの手(?)がチョイチョイ入るが、低音リフを弾きながらだと行ったり来たり大変だし、見た目もかっこ悪い。なので、ここはオクターブ下で一本で弾くこととし、代わりにザックワイルドばりの強烈なピッキング・ハーモニクス&ヴィブラートでアクセントをつける。
・Bメロは解放弦を絡めてアルペジオ風に弾いて広がりを持たせる。(布袋さん風)
・サビは、パワーコードで押し切れば問題なし。

いかがでしょうか?
ご参考にしていただければ幸いです。
たとえば、「今年の学園祭までに、何とか曲をものにしたい!」という、ピンポイントでお困りの方がいらっしゃいましたら、お力になりますので、お気軽にご相談ください。

【HowTo】ギター二本分を一本で弾くには【HowTo】ギター二本分を一本で弾くには

(2014年5月1日(木) 21:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

YouTubeで30万再生を突破!アニソン好き、耳コピを極めたい方必見

freeDrive-Guitars
小林カツノリ (エレキギター)

あおば通・南仙台・長町・仙台・勾当台公園・広瀬通・五橋・河原町・長町南・富沢

ブログ記事 ページ先頭へ