全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター宮城 freeDrive-Guitars スクールブログ 自作ギターで羽...

自作ギターで羽生くんのアノ曲を弾いてみた

おかげさまでGCA(ギタークラフトアカデミー)を卒業いたしまして、ギタリストとしてのみならず、ギタークラフトマンとしても独り立ちする準備ができました。これからは、ギターの構造上の疑問にもお応えできます。

今回は、その卒業記念に、学校で作ったギターで一曲弾いてみましたので公開します。

↓【GuitarCover】パリの散歩道(前半)を自作ストラトで弾いてみた
http://www.youtube.com/watch?v=UDY4mYFZDDA

このギターは、ストラトキャスターで、色はフィエスタ・レッドです。(自分で原色から調合したので大変でした・・・。)
フィエスタ・レッドといえば、マイケル・ランドゥや故ゲイリー・ムーアが有名です。
ゲイリーといえば、スケートの羽生選手の使用曲として話題ですね。
いい機会なので、これをチョイスしました。

この曲のポイントは、アツいチョーキング&ヴィブラートです。
美しいメロディが活きるよう、半音チョーキングと一音チョーキングのピッチ(音程)とタイミングに気を遣いながら、最後は「顔」で泣きのギターに仕上げます(笑)。

この曲は、主旋律のみであれば、特に難しいところもありませんので、是非みなさんもチャレンジしてみてください。

 

(2014年4月6日(日) 23:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

YouTubeで30万再生を突破!アニソン好き、耳コピを極めたい方必見

freeDrive-Guitars
小林カツノリ (エレキギター)

あおば通・南仙台・長町・仙台・勾当台公園・五橋・河原町・長町南・富沢

ブログ記事 ページ先頭へ