全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター福岡 夢弦エレキギタースクール スクールブログ アウトサイド&...

アウトサイド&インサイドピッキング

今回はピッキングについてのお話でございます(^○^)
エレキギターには様々なピッキング方法が存在します
その中でも最もリズムキープ面において安定して弾けるのがオルタネイトピッキングです!

オルタネイトピッキングとは規則的にダウン、アップ、ダウン、アップと規則正しく動かすピッキングでROCKに限らずオールジャンルで使用されます(o^^o)

このオルタネイトピッキングは先ほども書きましたがリズムキープ面において非常に安定して弾けるピッキングです^o^

このオルタネイトピッキングには実はインサイドピッキングとアウトサイドピッキングとい言われるモノがあります

まずアウトサイドピッキングとは何かと言いますと、弦に対して外側の軌道でピッキングする事です。
例えば2弦5フレットを人差し指で押さえて、次に1弦8フレットを小指で押さえて2弦からダウン、アップ、ダウン、アップと弾いて見ましょう(≧∇≦)

そうするとピッキングは弦の外側の軌道になると思います!

これがアウトサイドピッキングになります

次にインサイドピッキングですがアウトサイドとは逆にピッキングは内側の軌道になります

今度は1弦5フレットを人差し指で押さえて、次に2弦8フレットを小指で押さえ1弦からダウン、アップ、ダウン、アップとピッキングするとアップピッキングが弦に対して内側の軌道になるのが分かると思います(^○^)

このようにオルタネイトピッキングにはアウトサイドとインサイドピッキングが存在します!

オルタネイトピッキングでスムーズに弾けない原因のほとんどがアウトサイドピッキングとインサイドピッキングの切り替えが上手く出来てない事が挙げられます_| ̄|○

アウトサイドとインサイドピッキングではピッキングの時の距離が違います( ̄▽ ̄)

この距離感を身につける必要があるのです。

そしてもう1つ上手く弾けない原因になる事がアップピッキングなのです!

アウトサイドもインサイドの両方共アップピッキングが鍵を握って来ます

外側も内側もアップピッキングがその役目を担う事になります(*^^*)

アップピッキングはダウンピッキングに比べてコントロールが難しくなります!

パンクなどでパワーコードをダウンでダッダッダッダッみたいな感じで弾きますが試しにリフをアップピッキングだけでやって見て下さい

恐ろしく難しく感じると思います( ̄▽ ̄)

つまりですね、アップピッキングを制する者はピッキングを制するて言われる所以がここにあるわけです

なので最終的にオルタネイトマスターの鍵はアップピッキングが握っていると考えて下さい(^○^)

アウトサイド、インサイドピッキングは最初別々に練習する事をオススメします!

それぞれ感覚を掴めて来たら両方を混ぜて練習して行きましょう(^○^)

余談ですがイングヴェイやポールギルバートなどはアウトサイドとインサイドを切り替えてあまり弾きません。

通常アップで引く所をダウンで弾いたり、ダウンで弾く所をアップで弾いたりします!

規則正しく常にダウン、アップ、ダウン、アップと弾かないで部分的にエコノミーピッキングで弾いてます!

例えば1拍目が5連2拍目が6連のようにリズムが奇数、偶数と来る場合などです!
5連を通常のオルタネイトで規則正しく弾くとダウン、アップ、ダウン、アップ、ダウンになり次の拍はアップで弾かなければなりませんが部分的にダウン、アップ、ダウン、ダウン、アップにして次の拍の頭をダウンで弾く事が可能になります

このピッキングは「スーパーオルタネイトピッキング」と呼ばれてます!

まずはアウトサイド、インサイドピッキングをマスターして更なる音速を目指すならスーパーオルタネイトにチャレンジしてみるのがいいと思います(o^^o)

次回はアップピッキングのコツを伝授致します
お楽しみに

 

(2014年3月30日(日) 4:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

メタルバンドで活躍中。ゼロから超絶ギタリストへの道も夢じゃない

ブログ記事 ページ先頭へ