全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 Sonic Program Guitar School スクールブログ 弦について

弦について

弦の種類が多過ぎて何を選べばいいか分からない。

そういった場合は以下の数値を基準にして選ぶと良いでしょう。

ロングスケール:09〜42

ミディアムスケール:10〜46

09等の数字は弦の太さを示しています。09〜42の表記で1弦〜6弦を示しているのです。


余程変わったものでなければ1弦と6弦の太さだけみて選べばどのメーカーでもセットの内容は一緒です。

例えばダダリオ、アーニーボール、GHS等です。


さて、上記を基準色々な弦から自分に合うものを選んでいくのですがその方法は大きく分けて2通りあります。

1つは弾き心地(手に合うか合わないか)、もう1つは音で判断する方法です。

弦は太くすればする程音が太くなります。が、張力がキツくなり手の力が要ります。


また、歪みがメインかクリーンがメインかでもその選択、優先順位は変わってくると思います。

色々試してみると良いでしょう。

一つの目安として有名なアーニーボールとダダリオから始めるといいでしょう。
・アーニーボールは音が太く艶やかで弾き心地は若干柔らかい。
・対してダダリオは音がクリアかつブルージーで弾き心地はしっかりしている。

ちなみに僕は上記通りでメーカーはアーニーボールを使っています。

 

(2014年2月15日(土) 21:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校をはじめ指導歴多数。やりたいことにぴったりのアドバイスを提供

Sonic Program Guitar School
左藤雄一 (エレキギター)

溝の口・町田・東林間・鶴間・宮前平・たまプラーザ・あざみ野

ブログ記事 ページ先頭へ