全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 北村エレキギター教室 スクールブログ 練習時に適した...

練習時に適した弦選びのススメ

今日は、関東で今季一番といっていいぐらい雪が降りましたね!
やっぱり今でも、少し雪を見ると気持ちが高ぶっちゃいますね…。

すっごーく寒いですが、「指がかじかんで練習できない!」なんて言い訳せずに、ギター練習しましょうね。笑

ちなみにそんな時は、手から腕にかけてをあたたかいお湯で温めながらマッサージをしてから練習すると、腕への負担も少なく健鞘炎(ご存じない方は以前のブログを参考にしてみてください)の予防にもなるためオススメですよ♪♪



さて!今回は少し、僕が弦を選ぶ際のポイントとしている事を何点か書いていこうかなーと思います!
(※主観による情報が多い為、あくまでも参考程度に捉えて下さいねー)

特に今回は弦のゲージ(太さ)ではなく、弦のタイプに重点を置いたものです。



まず、みなさんは普段練習するギターにどんなギター弦を張っていますか??



ギターを始めて間もない方なんかは特に、たくさんある弦の種類の違いがよくわからずに、とりあえず安い!という理由で使うギター弦を選んでいるなんて事も多いと思います。

この選び方も全然間違ってもいませんし、そりゃ安いのが良い!というのはみんなそうなので笑


ただ、弦によって値段の差が結構あるけど、一体何が違うのかっていう所を考えてみた時に、かなーり大まかに言うと

寿命が短いか長いか

っていう分かりやすい違いがあるんです。


少し語弊があるかもしれませんが、比較的リーズナブルな弦っていうのは、物持ちという面だけで見た時に、あまり長持ちはしません。
(ここでいう弦の寿命というのは、単純に弦が錆びてしまう事を言っています。
他にも音の劣化などもありますが、敢えてここでは深く言いません!)


当然、ギターの手入れをマメにすれば比較的持ちは良くなりますが、それもギターを始めたばかりの方などでは、まだ気が回せない部分になってくると思います。


そうなった時、弦を張り替えるタイミングってやっぱり、弦が切れたら…ですよね?


まだ弦が切れてもいないのに新しく張り替えるなんてもったいない!
そもそも、タイミングも分からない!
そんな面倒くさい事は置いておいて、楽しく弾ければそれで良い!


…っていうのが本音ですよね。笑


でも、それってギター初心者の方には大事で、ただ楽しく弾いていたい!っていう事が一番だと思うんです。


面倒くさい所も、当然知って実行していかなければいけない部分ですが、それはそのうち分かっていきます。
そもそも、理屈抜きに楽しんでがむしゃらにギターを弾くっていうのが一番の上達の近道だと思います。



話しが逸れましたが、とりあえず弦の張替だって最低限必要なスキルですが、面倒だったら弦が切れてから替えればそれで良いんです。



そして、

ここからが僕が今回本題にしたかった所なんです!!!(だいぶ長くなりましたが…笑)


それで何が問題かって、弦が切れるまでにも弦の劣化は確実に進行していて、ろくに手入れも出来ていない状態で弾いているとすぐに弦は錆びてしまいます。


試しに、弦の一本を右手の親指と人差し指でツツーッと触ってたしかめてみて下さい。
多くの人が、良く左手で押さえるポイントなんかが特にザラザラとした手触りなのがわかると思います。


左手の指先の汗や油などが原因でギターの弦が錆びているんです!


おそらく、その状態で構わず弾いてしまっていると思いますが、
錆びた弦で弾いていると、大事なギターのフレットがどんどん削れてしまいます…!!!


そうすると、そのうちギターはまともに弾ける状態じゃなくなりますし、
何より、日頃の弦の張り替えなんかより、もーーーーっと面倒くさいであろう、ギターを修理に出すなんて大事になりかねません。

しかも、フレットの修理って非常にお高いんです…笑



そうなっては色々と大変ですよね…。



で、ここまでツラツラと書いてきて一番厄介なのって、弦が錆びてしまう事じゃないですか。
錆びない弦があれば良いのに!!!
なんて、そんな都合良い夢見がちな声が聞こえてきそうですね…。





そんな都合良い物があるわけね…








あるんです!!!笑










っていうのも、全く錆びない訳ではないんですが、錆びにくいものはちゃんとあります。

それはコーティング弦、またはコーテッド弦

なんて呼ばれているものなんですが。


もー、大分書き過ぎて疲れてきたので笑
ほんとザックリ説明すると、錆びにくいように本来の弦の表面に特殊な加工がされているものなんです。

だからといって、弦がかさ張って本来より凄く太くなっている事なんてありませんし、
弾き心地も人によって好みはあると思いますが、僕は凄く気に入っています!!



それで、コーティング弦の何が凄いって、そうではない弦とは圧倒的に物持ちが違うんです。


月に何本もライブやっている!毎日何時間も欠かさずに練習している!なんてバリバリ活動している方はまた話が違ってきますが、マイペースに練習している方なんかには凄くオススメです。


例えば、ちょっと気分が乗らずにギターを弾いていない期間が少し空いた場合、コーティング弦でない場合は手汗や油以外にも、空気中の水分など様々な理由で勝手にサビサビに錆びてしまいます。

ですが、コーティング弦であればそこまでひどい劣化はなかなかないです。(限度はあります笑)



かと言って、コーティングされていない弦と比べて凄い割高かっていうとそうでもなく、ちょっと贅沢すれば手が出せると思いますし。
物持ちは良いのでコストパフォーマンスは非常に良いと思いますし、逆にリーズナブルだと思いますよー!


現在は、色々なブランドでコーティング弦は販売されています!



少し、最後の方は早足になってしまいましたが、少し興味を持った方は参考までに色々試してみたり、もしわからない事や気になる事があれば是非気軽にレッスンで聞いてみて下さいね!
僕のお気に入りの、普段の練習時におススメなのコーティング弦も教えちゃいます!



前回のブログでも書きましたが、今ちょうどキャンペーン中ですよー!
この機会に、体験レッスンどしどしとお待ちしております!

詳しくはコチラへどうぞ。



では、また次回!










練習時に適した弦選びのススメ

(2014年2月5日(水) 3:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

AKB48ほか著名人と多数共演。毎回のステップアップでじっくり上達

北村エレキギター教室
北村力 (エレキギター)

渋谷・原宿・代々木・新宿・高田馬場・池袋・巣鴨・日暮里・北朝霞・御茶ノ水・大山・川越...

ブログ記事 ページ先頭へ