全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 Usa・ ギタースクール スクールブログ こんなエコな時...

こんなエコな時代だからギターにもエコを。

ギターを始めて最初に当たる壁が『コード』かもしれません。

ギターはコード楽器でもあるわけですから、
ベースみたいに1音だけ出してる訳にもいかず、
和音『コード』を鳴らして曲を聴かせなきゃいけない。


そもそも6本ある弦を4本の指で押さえるのは無理がある!!

なんて愚痴はギタリスト同士の話だけにしておいて、
物事には『コツ』ってものがやっぱりありますから、
焦らずにレッスンでコツコツやっていきましょう。

なんてくだらないことも置いておいて、
ちょっとした遊び感覚でコードを簡単に鳴らせる
『オープンチューニング』のお話を。


通常ギターは6弦から1弦までを
E-A-D-G-B-Eの順に音が鳴るようになっています。
これを『レギュラーチューニング』と呼びます。

これを
6弦E→D、3弦G→F#、2弦B→A、1弦E→D
にそれぞれ下げます。
6弦から1弦までを
D-A-D-F#-A-Dの順に合わせます。

これが『オープンDチューニング』

まったく弦を押さえないで1~6弦の開放弦を
ジャラ~ンと鳴らすと、あら不思議!
Dのコードになります。


しかもこれ、指1本で、1つのフレットの6本の弦を押さえて
移動していけばどんどん他のコードにもなっちゃう!

さら~に、歪ませて5弦と6弦だけガツンと弾いていけば
ハードロックのリフまで出来ちゃう!!


練習の合間に、ちょっとお遊び感覚で弾いてたら曲が出来ちゃった!?
なんてこともあるかもしれませんよ!


オープンチューニングをする際にはチューナー
を使用するととても便利です。


他にもオープンチューニングがありますから
また次の機会に!

 

(2009年7月3日(金) 2:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あったかい人柄が魅力!ブルースをこよなく愛するギタリスト

ブログ記事 ページ先頭へ