全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 Usa・ ギタースクール スクールブログ ギターの弦が切...

ギターの弦が切れやすい方へ・・・

今日は、

ギターの弦が切れて困っている人。

予備のセットを買って置いても1弦と2弦が
いつもない人。

ギターの弦は切れてなんぼだと思っているかたへ


そもそもどうして弦が切れるのか、ちょこっとアドバイスを!




私自身10年以上ギターを弾いていますが、演奏中に切れたことは数えるほどで、
思い出せるのも一度ぐらいですね。


そもそも弦が切れることには理由があります。
弦の耐久性と人為的なことが関係しているんです。


まず弦は空気に触れると『サビ』ます。弾いている人の手の汗も付着すると
早く錆びます。エレキギターやアコースティックギターの弦はスティール(鋼鉄)
で出来ているので錆びると切れやすい特性を持っています。

一ヶ月以上張ったままの弦は間違いなく錆びていると思って下さい。

私はこの錆を防止する為に、弾き終わったあとはギター専用のクロスで弦を
拭いたり、一週間に一度は弦を交換するようにしています。


また、人為的な要因に弾き方がありますが、これは必要以上に力を入れて
弦を弾いてることが関係しています。




そもそもエレキギターはアンプを通して音を鳴らすことを前提に
作られています。
アンプを通さずに弾くことを『生音で弾く』といいますが、まだギターに
慣れていない方は生音で弾く機会のほうがが多い気がします。

生音はアンプで鳴らす時よりも極端に音が小さくなりますから
自分で弾いているギターの音を聴きたいがために、無意識に強く弦を
弾いて、音を大きくだそうとする癖がついてしまいがちなんです。


ギターの弾く時は必要最低限の力さえあれば大丈夫なんです。
逆にいえば、女性の方やご年配の方でも気軽に始められる素晴らしい楽器です。


弦のさび、必要以上の弾く力。
この2つが重なれば弦は簡単にきれますね。


他にも原因はあると思いますが、3日に1回以上切れるなんて強者がいたら
今日のことを実践してみてはいかがでしょうか?

 

(2009年6月10日(水) 1:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あったかい人柄が魅力!ブルースをこよなく愛するギタリスト

ブログ記事 ページ先頭へ