全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター北海道 Guitar School薔薇と黒猫 スクールブログ あえて自分の弱...

あえて自分の弱点を晒す!

こんにちは!
今日は一風変わったブログを書きます。

僕にとってのギターの弱点を晒します(笑)

昔、まだ僕がギターキッズだった頃の話。
当時、ZAKK WYLDEの熱狂的なファンでした!
ピックアップもZAKKと同じEMGに変える程でした。
しかし、どうしてもZAKKみたいにフルピッキングでペンタトニックの早弾きをすることができませんでした。
十数年経った今でも弾けません。

単純なフレーズだし一週間も練習すれば弾けるようになる人もたくさんいました。

自分に自信をなくしたこともたくさんありました。
しかし、今ではそれで良かったのだと思う。
もし、ZAKKを完コピしたら応用の効くペンタトニックスケールなのでそれしかやらなくなってたでしょう。
悪く言えばZAKKのモノマネでしかないわけで。

それが弾けないから他のポジションで、他の弾き方で、ってな感じにいろいろ工夫することを覚えました。

ギターは応用の効く楽器です。
なにかにとらわれる必要はないのです。

今でもZAKKは好きです!
でも、他にもたくさんのギタリストを聴いて研究しましたね。

様々なギタリストから影響を受けつつ自分というフィルターを通して吐き出すことによって個性は生まれると思います。

なので弾けないフレーズがあってもめげることはないと思います。
どうしても弾けないフレーズがあったら少し考え方を変えてみてください!

講師であるこの僕でも弱点、弾けないフレーズ、苦手分野はありますからね。

良い意味で、それも自分の個性として受け入れてみてください!

きっと、あなたにしかできないこともありますから!

弱点晒してちょっと恥ずかしい(笑)

 

(2014年1月26日(日) 18:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ステージ経験多数!CD自主制作の経験も。楽しむプレイをお手伝い

Guitar School薔薇と黒猫
広瀬和孝 (エレキギター)

琴似・札幌・苗穂・宮の沢・西28丁目・菊水・すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ