全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 Sonic Program Guitar School スクールブログ Roland ...

Roland JC-120(アンプ)を歪ませる際のこつ

こんにちは、最近はホントに寒い日が続きますね。

さて、今回はどこに行っても置いてあるJC-120についてです。名前にあるJCはジャズ・コーラスの略なのですがその名の通りクリーントーンがメインのアンプなので歪ませるに当たってはコツがいります。


アンプを歪ませるには大きく分けて2通りの方法があります。


一つはマルチFX等であらかじめ音を作ったものを繋ぐ事。(プリアンプ等でも構いません)

もう一つはアンプの歪みを利用した方法

マルチFXのコツは後日紹介するとして、今回は後者のアンプの歪みを利用した歪ませ方を紹介しようと思います。


JC-120使った事がある方はここでアンプの歪みといってもJCの場合右側のチャンネルのDistortionツマミで得られる歪みは汚いし使い物にならないと言う事でしょう。

勿論それはその通りなのですが、今回はアンプの歪みを生かすということでコンパクトFXを一つだけ繋ぐ様な状況を想定します。


今回の推奨機種としてXoticのSL Driveを使う事とします。


アンプのツマミはDistortionとVolume以外はフラット(5の位置)とします。次にDistつまみをカチッというところまでひねります。ここでのポイントは音がしたところで止めそれ以上は上げないことです。

カチッと音がするところで止める事により音に歪み成分が加わり、後段のコンパクトFXが生きてきます。


この状態でXoticのペダルを好みに応じて調節します。


どうでしょうかJC-120できちんとした音になり、加えて推奨機種によりマーシャルのサウンドも出たと思います。

JC-120のアンプの歪みを生かした使い方、Distつまみがポイントです。

いままでコンパクトFXを繋いで歪みを作っていた方はより音楽的な歪み方になったのを体感出来るかと思います。

それでは皆さん、寒いので練習の際は筋を痛めないよう気をつけて!

 

(2014年1月11日(土) 0:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校をはじめ指導歴多数。やりたいことにぴったりのアドバイスを提供

Sonic Program Guitar School
左藤雄一 (エレキギター)

溝の口・町田・東林間・鶴間・宮前平・たまプラーザ・あざみ野

ブログ記事 ページ先頭へ