全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 Sonic Program Guitar School スクールブログ 収録

収録

さて、先日は東北のFMラジオのローカル番組の収録に行ってきました。


何気にラジオの出演は初めてなので少々緊張しましたが、ギターのレコーディング等で録音には慣れていたので応用は利いたと思います。

レコーディングといえばブースに閉じこもりヘッドフォンを装着しひたすら孤独に演奏するのみなのですが、それに相手がいるだけでまた違った感じになるものです。

面白かったのはちょっと食い気味に話を被せるという話し方。通常、人と会話する時は相手が話し終わってからこちらが話をし始めるのが普通ですがラジオでは食い気味に話を被せた方が盛り上がるのだそうです。

なるほど確かにメインパーソナリティーの人はこちらが話し終わるや否や絶妙なタイミングで話を返してきていたと記憶しています。


これは次への経験にも生かせますが、ギターでセッション等をする時にも応用出来そうですね。

掛け合いにおいて勢いをつけたり、盛り上げたい場面で食い気味に入れば自然と良い流れが発生する事でしょう。

しかしながら、何にしてもやり過ぎ行き過ぎには注意しましょう。あくまでこの様な事は相手や周囲の状況をよく把握した上で、尚かつおおよその着地点を見定めることが重要だと思います。

それでは、皆さん最近寒いので風邪には気をつけて!

 

(2013年12月23日(月) 7:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校をはじめ指導歴多数。やりたいことにぴったりのアドバイスを提供

Sonic Program Guitar School
左藤雄一 (エレキギター)

溝の口・町田・東林間・鶴間・宮前平・たまプラーザ・あざみ野

ブログ記事 ページ先頭へ