全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター愛知 残響ギタースクール スクールブログ ギター選びNo...

ギター選びNo.3

3 その他のタイプ
アイバニーズ、ジャクソン、ESP、アリア、ポールリードスミスなど。各種、様々なブランドからてていますが。この辺りのタイプですと、ピックアップにハムバッカー(レスポールなどについている、ノイズに強く、パワーもあるため音はまろやかで暖かく、歪に強いタイプ←歪ませるとザクザク気持ちよい)が二つ付いているものや、ハムバッカーとシングルコイル(ストラト等に着いている、ノイズには余り強くないが←大音量や、歪ませ過ぎると、ハウリング←ピーピーいったり、ボワ〜ンと鳴ります。後は、ジジジッとノイズなど、しかし音はシャキッとクリアーで、繊細、ピックアップの組み合わせやトーン調整等で多様性があります。)やハムバッカーとハムバッカーの組み合わせ等があり又ネックなども薄く作られていて、早弾きやコードが楽に出来る様に作られているものが多いです、ハードロックやヘビーロック、ミクスチャーから、V系ミュージックとギターの形も尖った感じが、よりハードさを強調してくれます。ポールリードスミス等は、ヘビーロックの方々が一時期よく使った印象がありますが、ストラトとレスポールのいいとこ取りの使いやすいギターです、が高価な為、最初は手が出にくいですね。
この辺りは値段なども入門用からミュージシャンズモデルなど価格帯も色々あるため予算に合わせて選べるでしょう。
唯あまり最初からフライングVの様な形をしたタイプはライブでは映えますが練習はし辛いので、ある程度の覚悟が必要です…

続く

 

(2013年12月9日(月) 11:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~フラメンコまで愛する多彩なギタリスト!初心者大歓迎

ブログ記事 ページ先頭へ