全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 北村エレキギター教室 スクールブログ 厄介な『癖』に...

厄介な『癖』について!

今回のブログは「癖」についてです!

一言に癖と言っても様々なポイントがあり、前回のブログにも書かれている演奏の際の姿勢や、ピックの持ち方、角度…と、細かく突き詰めていくと到底ここでは書ききれません。


耳にした事がある方もいるかと思いますが、「手癖」という言葉もよく使われます。
これは、例えばアドリブソロやギターフレーズの構築の際に、前後の繋がりやストーリー関係なしに使ってしまう、お決まりのワンパターンフレーズの事です。

この手癖に関しては、ある程度はしょうがない部分もあり、むしろたくさんのお決まりフレーズを自分の引き出しにしまう事で重宝する場面もあります!

ですが、それはあくまでフレーズを適材適所で繰り出せるようにしっかりと自分のモノに出来ていればの話しです。
要するに「とりあえず困ったらこれ弾いとこ!」みたいのは面白くないって事です。笑


さて、ちょっと話しがズレてしまいましたが、今回は何が伝えたいかと言うと、
初心者のうちに変な癖をつけない事が大事!
という事です。

癖というのは、本当にギターを弾けば弾く程、上達すれば上達するほどに厄介なものになって来ます。
後でフォームを矯正したりするのって本当に大変なんです…。


だから、これからギターを始める方!まだ始めたばかりの方!
ただ闇雲にギターを触るのではなくて、しっかりとしたフォームや運指で練習するように心掛けましょう☆


どんな分野にでも言えることですが
基礎をしっかり固める事が上達の近道なんです!


もし、一人では何が正しいフォームなのかわからない!という方は、是非お気軽にご相談下さい♪♪
それではまた次回!




厄介な『癖』について!

(2013年11月12日(火) 20:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

AKB48ほか著名人と多数共演。毎回のステップアップでじっくり上達

北村エレキギター教室
北村力 (エレキギター)

渋谷・原宿・代々木・新宿・高田馬場・池袋・巣鴨・日暮里・北朝霞・御茶ノ水・大山・川越...

ブログ記事 ページ先頭へ