全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 トット・ギターの学び処 スクールブログ 練習でもアンプ...

練習でもアンプを(必須アイテム第2弾)

前回のストラップに続いて、今回はアンプの必要性に注目です。

エレキギターならアンプは必須 ー たぶん誰でもそう思うかもしれませんが、家とかで練習する時、アンプを通さずに弾いたりしてませんか?

それはダメっ!と言う訳ではないのですが、アンプを通さずに長ぁ~く弾き続けるといろいろと問題が起きてきます。

アンプを通さないと、音が小さいので力を入れて弾いてしまいます。いくら脱力して弾いたとしても実際にアンプを通すと雑な音になり、結果上手く弾けない状態になります。

あと音が小さいために、音を聞くことを軽んじて指ばかり動かすことになり、そのまま音を聞かずに弾く癖がつくと、手癖と言われるような体任せな演奏になってしまい、歌うように演奏することがむずかしくなってしまったり、音そのものに無頓着になってしまいます。

これらの問題は、アンプを通さない為に、エレキギターが、しょぼいアコースティックギターになってしまうからです(笑)。

実際には音が違うだけであって物理的には何も変わらないのですが、音を奏でることが演奏であり、その奏でる音が違えば演奏方法も自然と変わってしまうのです。

それは、筆ペンで字を書く練習をボールペンでしているようなものです。

手短にあるボールペンでいくら上手くかけても、筆ペンを使ってはなかなか上手く書けないですよね。
筆ペンを練習するなら、筆ペンそのものを持って練習したほうが上達しますし、筆ペンには筆ペンの良さがあり、それを生かさなくては筆ペンを使う意味が無いっ。

エレキギターも同じですし、エレキギターの良さをだすにはアンプは必須ですから。

さあ~、早速アンプを通して、ギター弾きましょっ!
そうして出したい音を出していくうちに、耳も良くなり、良い音がわかるようになって、より良い音を作り出せるようにもなります。

たまにはスタジオに入って爆音で弾いてみるのもよいですよ。ギターが生き生きと鳴り出すこと間違いなしです。

これぞギターっ!と言わんばかりに、フィードバックさせましょー(笑)

(注)アンプでもヘッドフォンでも爆音を聴きすぎると難聴になる可能性があるのでお気をつけくださいませっ。

 

(2009年2月3日(火) 17:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

感性溢れるバンド家系先生!言葉と感覚ダブルの説明で嬉しい「できた」

ブログ記事 ページ先頭へ