全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 トット・ギターの学び処 スクールブログ 楽にストレッチ

楽にストレッチ

弦を押さえるとき、普通に指1本に対し1フレット*1づつ押さえると人差し指から小指まで4フレット分を押さえれます。
これを基本のポジションとすると、1フレット以上指を開いて押さえることを、ストレッチすると言います。

1フレット分ストレッチすることによって、5フレット間をカバーできれば、もう何でもござれですっ。

しかし、たかが1フレットのストレッチなのですが、コードによっては押さえるのが辛いものもあります。

例えばFadd9*2なんて、どうでしょう。
ただでさえ押さえにくいFコードなのに、無理無理って感じですよねぇ。

実際、無理して弾く必要は無いですよ。
無理して弾いても楽しくないですし、辛い演奏をしては辛さが伝わる演奏になるだけですから。

がしかし、このコードの響きが好き!!と自分自身が弾きたいなら、弾けた方が楽しいですよねぇ~。

そこで、前向きにストレッチしてみましょっ!

ストレッチできないと無理に開こうとしたり、音が出ないからと強く握ったりと、力んでしまいますが、そうすると逆に収縮してしまいます。

そんな時思い出して頂きたいのが、体操の開脚です。
まず最初に柔軟体操しますよね。それと同じように腕、手首をほぐし、開脚のストレッチをするように指と指の間も開きます。拳を挟むようにしたりしても良いでしょう。くれぐれも痛めないように気をつけてくださいね。

さて、柔軟体操が終わったら、実際に指板上で開脚チックにストレッチしてみましょう。
ポイントは軸足ならぬ、軸指です。
Fadd9であれば、人差し指を軸指にし、小指を開くわけです。
人差し指を軸に、、小指を開脚するようにぃ~。
中指や薬指は軸にしてない分、小指に引っ張られると思いますが、程よくフレットに引っ掛かってくれます(笑)

どうでしょうか、まだ押さえきれないかもしれませんね。けど何となく感覚はつかめたのではないでしょうか?
このストレッチを習慣づけると、どんどんストレッチできるようになって、いろんなコードを押さえたくなっちゃいますよ。
お試しくださぁ~い。

にしてもadd9ってやたらときれいな響きですよねぇ~、イイ~(ToT)

*1 フレット
指板上で音程を区切るため仕切られた凸状の金属棒。ギターのヘッド側からボディー方へ1フレット、2フレット、、と呼びます。


*2 Fadd9(エフアドナインス)
1フレットをセーハする一般的なFコードを押さえ、4弦3フレットを押してる小指を同じ弦の5フレットにストレッチさせます。
太い6弦から
1フレット-人、3-薬、5-小、2-中、1-人、1-人



 

(2008年12月27日(土) 12:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

感性溢れるバンド家系先生!言葉と感覚ダブルの説明で嬉しい「できた」

ブログ記事 ページ先頭へ