全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター埼玉 ギターマン's スクール スクールブログ ギターサウンド...

ギターサウンドとトーン

こんにちは! 作編曲家でマルチストリングス奏者の笠谷です。
今回はギターサウンドとトーンのお話をしましょう。

「バーン!!」 うううかっこいいサウンド!! っとなるためには、前回書いた「ピッチ」という概念に着目することがことのほか重要なわけですが、より直接的にサウンドに関わる概念として「トーン」というものがあります。

「トーン」・・・といわれても、やっぱりよくわかんないですよね?
ん~日本語訳では調子でしょうか? 音調?? よけわからん。

ともかくエレキギターに関して言えば、もっともシンプルな ギター~ケーブル~アンプ の組み合わせを考えた場合でも、ギターサウンドの「トーン」を決定するファクターが数多く存在していることになります。
アンプ直結なら必ずかっこいい音が出る? いやいやそんなに単純なものでもないのですぞ。

では一つずつどんなことが「トーン」を決めるのか、順を追って考えてみることにしましょう!

って

難しいことを考えるのがキライな人はーー もうこの先読まずに僕の教室に来てくださいね。必要な場面で少しずつコーチさせていただきますから ヽ(´∀`*)


---

っと、終わってしまうところでした。。。

んーーいっぱいありますなぁぁ、簡単に書いこうとしたのに・・・
では、お好きな方は張り切ってどうぞ!(ˇ⊖ˇ)ノ

---

まず一番最初は、弦ですかね。そもそも弦の持つ「トーン」は材料やその形状で決まってくるのですが、単純に考えればメーカーごとにキャラクターがあり、その中でも商品パッケージやゲージで基本の「トーン」が決まります。
(なので弾きにくくとも太いゲージを選んだりすることもあるの)

しかし、めんどくさいことに新品を張ってから、その弦が伸びきるまでにも「トーン」は変化しますし、さらに時間が経過して(酸化して)いくことで、「トーン」は刻々と変化質し続けることになります。
またその弦が振動するためには、張られているギターのネックやボディの材質、構造や形状、質量や弦を固定してある金具類でもってやっぱり「トーン」が大きく変化します。
そして案外知られていないですが、弦高やペグへの弦の巻き付け方でも「トーン」に違いが出ますよ。

次には弾くための道具や弾き方ですね。エレキギターの場合、一般的にはピックが使われることが多いですが、ナイロン、セルロイド、べっ甲、木、石、金属などあきれるぐらい様々な種類が選択できますし、それぞれ特徴のある「トーン」を奏でます。
また、弦にあたる部分の形は尖っているのか丸いのか、その厚みや重さなどでも選択肢がとても広いですね。そのうえ指引きも含めるとなると、指の腹で弾くのか爪なのか、はたまたフィンガーピックを使うという選択肢も登場します。
さらに当然のことですが、弾き方で弦が振動する表情は大きく変化するわけですから、ここではほぼ無限の「トーン」を作り出せることになります。

そしてその弦振動を拾って電気信号に変える部分=いわゆるピックアップですが、シングルかハムバッキングかといった方式やポールピース型やブレード型などの構造、マグネットの選択やコイルの材料、巻き方、メーカーや制作者の好みや考え方で、こちらも現在では数え切れない選択肢が存在しています。同じギターであってもこれらを変更することで「トーン」は大きく変化します。

ギターから信号が出ていくためには、まだまだこれ以外にも信号が通過するケーブルの材質や太さ、半田の質などの影響も大きいです。が、何と言ってもいわゆる「トーン」をコントロールするためのコントロールポットやキャパシタ(抵抗)で高域周波数成分をどこまで削減するかということが、基本のギターサウンドとして「トーン」に最大に影響を及ぼす行為であることは間違いありません。またボリュームもその音量をコントロールしているだけでなく、音量に比例して「トーン」への影響もあるということを忘れてはいけません。

この後、やっとギターから信号が出ていくわけなんですが、ここでアンプに届けられるまでにギターケーブル(一般にシールドと呼ばれますが)の構造、材質、長さなどでも「トーン」は大きく影響を受けます。その昔は「劣化」と考えられていた信号のロスも、現在では研究が進み、ケーブルを選択することで演奏者のほしい方向の「トーン」にコントロールすることができるようになりました。

そしてたどり着いたアンプ、そもそもは音声を拡声するためのものでしたが、ただただ音を大きくするだけでなく、現在では完全に最終的なサウンドをコントロールするために様々な仕掛けが組み込まれてた道具になりました。これこそ説明を始めるときりがありませんが、大きく方式の違い、真空管なのか、トランジスタなのか、はたまた近年のデジタルアンプなのかで大きく出てくる音の傾向に違いがあります。

また、その構造上、プリアンプ部とパワーアンプ部、スピーカー部でそれぞれ「トーン」に影響を与える要素が違いますが、プリアンプ部が最も意図的に「トーン」をコントロールすることが可能なセクションですね。(いわゆるベース、ミッド、トレブル等EQセクションがあるし、歪や倍音を作るためのセクションもここにあります) 
パワーアンプ部は拡声方式や出力の音量によって「トーン」への影響の仕方が変わります。中でもコントローラブルなのが真空管方式のパワー部で音量の上げ下げで結構「トーン」に差が出ます。トランジスタ方式やデジタル方式は基本的に任意にコントロールすることは難しいようです。(真空管方式をシュミレーションしてあるものは別)
そして最終的には、振動としてスピーカーから音が出てくるわけですので、このスピーカーの個性というものも、当然「トーン」に影響を強く及ぼすことになるわけですねー。

まぁ簡単に追いかけただけでも、実にたくさんのコントローラブルなファクターがあるということで、これらをいったいどのようにコントロールして自分の「トーン」を作れば良いのか!
気になった方はぜひ僕に会いにいらしてくださいね!

ではまた~







 

(2013年10月30日(水) 22:17)

前の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴25年以上のマルチストリングス奏者!ゼロ~作編曲の相談まで歓迎

ギターマン's スクール
笠谷文音 (エレキギター)

川越・新河岸・川越市・鶴ヶ島・新所沢・狭山市・本川越

ブログ記事 ページ先頭へ