全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター埼玉 ギターマン's スクール スクールブログ ギターサウンド...

ギターサウンド と ピッチ

こんにちは! 作編曲家でマルチストリングス奏者の笠谷です。
これからCyta.jpでギターのコーチを始めることになりました。皆さまどうぞよろしくお願いします。

このブログでは、ギターの音作りに関するコツについて、皆さんと一緒に考えるきっかけを作れればと思います。ギタリストなら「うんうん♪」となるような話から、マニアックなことまで、大事だなと思うことを書いていこうと思います。

---

さて、第一回目は基本中の基本でありながら、究極中の究極 「ピッチ」にまつわるお話をしましょう。
「なーんだ。そんなのチューニングマシンで合わせるから簡単じゃん!」「エレキギターならオクターブピッチを調整できるから大丈夫だろ?」という声が聞こえてきそうなんですがーー

いやこれがなかなか・・・ ギターという楽器は「チューニングが合わないように作られているのだ!」といっても過言でないかもしれません。
半音ごとにフレットなんぞも打たれてはおりますが、(よほど特別に研究されたものは別ですが)高価なギターでもほとんど正確に半音階にはなってくれません。
たしかにエレキギターの場合はこのピッチ精度をあげるため、ブリッジを移動させてオクターブチューニングを行うことができるようになっているものが多いわけなのですが、それでも完全にネック全域でピッチを正確に合わせることはまず不可能なんです。

それにそもそも弦というものは弾いた瞬間から音が安定し消えていくまでの間、音色だけでなく刻々と音程も変化しますし、ましてや弦楽器は演奏する間中、弦を押したり引っ張ったりたたいたりしていることがほとんどですので、その指のちからの加減によっても、これまた刻々と音程が変化します。
(これを逆に利用することで、チョーキングやビブラートという特殊な奏法も生まれるわけですが)

まぁそのようなわけで、フレットが付いているにもかかわらず、ただ押さえて鳴らせばよいという感覚で演奏すると、たいがい 酷~いサウンドが飛び出します。
始めたばかりの人は、うまい友人が自分のギターでコードを「バーン!!」と鳴らすだけで「おおっ!!なんで??」と悲しい違いを感じたこともあるのではと思います。

要するに、ギターをうまく弾くためには、この不安定なピッチ要素を上手にコントロールして、自分が「心地よい」と思う響きにできることを抜きには語れません。
そしてこの「心地よい」というとこが実に大事なんです!
話はより複雑になりますが、ピッチが正確でかっちり響けば「心地よい」のかというと、ギターのような弦楽器の場合には必ずしもそうとは限らないんですよ。

歪んでいる時、いない時、バッキングの時、ソロの時、 主張するのか? しないのか? 3ピースでグイグイ行くのか? アンサンブルで溶けるのか? なんだったらイントロと平うたとサビででも変えるしね~! ん~ さらにもっと達人ならコードのトップノートとそれ以外の音とか!! 

達人ギタリストになればなるほど、リアルタイムで自分の出している音を聞きながら、押し弦の加減や弾き方はどうするか? ネックのどのあたりを使うのか? どの音を揺らすのか? いや揺らさない? いやいや引っ張るの?
そんなことを瞬時にコントロールしながら演奏するようになるんです。(例えばアクシデントでチューニングがずれても、ある程度立て直して演奏なんてこともします)

逆にいえば、どうすれば、自分のほしい「サウンド」が出せるのかを「ピッチ」という観点からも研究しておくことを心がければ、とても上達が早いということになりますね。
では、何を注意して、どうコントロールすればいいのでしょうか?
気になった方はぜひ僕に会いにいらしてくださいね!

ではまた~

 

(2013年10月21日(月) 22:04)

次の記事

この記事を書いたコーチ

プロ歴25年以上のマルチストリングス奏者!ゼロ~作編曲の相談まで歓迎

ギターマン's スクール
笠谷文音 (エレキギター)

川越・新河岸・川越市・鶴ヶ島・新所沢・狭山市・本川越

ブログ記事 ページ先頭へ