サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ゼロからのロックギター講座 スクールブログ 気合と根性はホ...

気合と根性はホドホドに。

つい先日、ライブ後にお客さんからこんな事を質問されました。

曲中のギターソロで割と速いフレーズを弾いていたのですが

「よく指があんなに速く動きますねー。どうしたら指が動くんですか?」って。

別にやっている人から見たら全然大したたいした速さではないんですけどね(笑)

その時僕はこう答えたんです。



「適当ですよ、適当。」



別に面倒くさかった訳じゃないんですけど(笑)

でも、この答えには一つ真理があると思ったんです。

つまり「一生懸命」力を入れて練習して、本番も「力んで」弾いてしまうと、指って動かないんですよ。



例えるなら、そう。

車のエンジンを思い出してください。



発進の時はギアーは「1速」。

止まった車体を動かすのに「力」が要りますね。

でも、一度走りだしてしまえば、「2速」→「3速」→・・・と実は力は要らないくなります。

問題は「回転速度」を上げる事。

「力」と「速さ」は反比例するんですね。

速くなればなるほど力は要らない。



ギターも同じく。

速いフレーズほど「力を抜く」事が結構重要だったりします。

「1速」で高回転し続けたら、指がへし折れ、流血して再起不能となる恐れも(嘘 笑)

速いフレーズの練習は、一音一音しっかりでは無く「適当に」位が丁度良いかもですね。

体育会系の「気合」と「根性」で乗り切ろうとするタイプの方には覚えておいたほうが良いかも知れません。


かく言う僕は、その「気合」と「根性」が大好物なんで、「力み」にはかなり注意してます(笑)



そんなこんなで

「速い」→「軽く」

「遅い」→「強く」

とは言いましたが、ある程度はそのプレイヤーの個性の部分にも関わってくるので

「そうでなくてはならない!」

とは言いません。

速いフレーズを力強く「ペキペキ」いっている音も、曲によってはむしろカッコいいですし。

要は曲が持っている「表現」にあっているかどうかが重要なんですけどね。




話しが逸れましたが「今日は指が動かないな・・」と言う時は一度深呼吸して、

フレットを抑えずに、弦の上に軽く指を「置く」事で確認してみてください。

力んでいるかどうか、自分の状態がわかると思います。



音を出す為には、細い弦を1mm程度押すだけなのですから。

 

(2008年12月1日(月) 22:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

熱き紳士!マラソンのように自分のペースが発見できる丁寧な指導

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

以前私が所属していたCDを全国リリースしていたファンクバンド「HOP COASTERS」が5年振りの1回限りの復活ライブを行いました! やはりファンクは楽しいですねー! ファンクギターといえばカッティング! ドラム、ベースとの一体感がないとノリが出ません。 基本的に同じ...

「趣味」と一言で言っても、みなさん一人一人の生活の中で割く程度が違うと思います。 音楽をやる事に関しても皆さんは「プロになりたい」「趣味でやりたい」という括りをつけてる方って多いですよね。 そういう方々からはいつもこういう発言を耳にします。   プロになりたいから「これだ...

早くも梅雨に入りましたね。皆さん如何お過ごしですか? ・・・・最近発覚しました。 ・・・・おそらく3月11日の地震の時だと思いますが。 所有するギター2本のネックにヒビ・・・・。 愛用のギブソンのレスポールと、J-200と言うアコスティックギター・・...

まだ4月なのに今日は気温25度超え。 やっとモモヒキを脱いだ秀_吉です。 しばらくブログをサボっていた間に震災が起き、世の中大変な事になってしまってますね・・・。 みなさん色々とお有りかと思います。 被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。 こんな不...

「オマエ!教える気あんのかぁ?!」って怒られそうなタイトルですが・・・。 体験レッスンに来て頂く生徒さんの多くにこの言葉を良く耳にするんですよ。 「ヘンなクセが身に付かないように習いたいんです」 そういえば昔、僕もブログでこんな事を言っていたような・・・(汗) ...

ブログ記事 ページ先頭へ