全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター大阪 ざっき~のギタースクール スクールブログ ピッキング講座...

ピッキング講座3

さて皆様、まずはブログを読んで下さいましてありがとうございます

今回はエコノミーピッキングについてご紹介したいと思います
残念ながら非常に長い解説になった事、すいません(笑)

エコノミーピッキングと言えば、イングヴェイ・マルムスティーンが有名すぎる有名です

イングヴェイ・マルムスティーンはネオ・クラシカルというメタルのジャンルを確立させた、速弾き王者です(笑)
その王者が使う手法の一つでして、驚異的な速弾きをするプレイヤー、やってみたいと思われる方には必須のテクニックです

すんごい難しいですが、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

解説です↓

5弦-12-1415
4弦-12-1415
3弦-12-14-16

上の図の様に、1弦3連の音の並びをピッキングする場合

オルタネイト・ピッキングでは

5弦-12-1415  ↓↑↓(ダウン・アップ・ダウン)
4弦-12-1415  ↑↓↑(アップ・ダウン・アップ)
3弦-12-14-16 ↓↑↓(ダウン・アップ・ダウン)
とピッキングしますが、このフレーズを速く弾く場合、とある場所にピッキングのタイムロスが生じます

5弦の15フレットから4弦の12フレットに移る際、同じように4弦の15フレットから、3弦の12フレットに移る際

どういうことかと言いますと、ダウンピッキングから弦移動してのアップピッキング、同じようにアップピッキングから弦移動してのダウンピッキングに移る時、オルタネイトですとこのピッキングにタイムロスが生まれる訳でございまして・・・(笑)

そのタイムロスをなくして、驚異的な速弾きで有名になったのがその王者ことイングヴェイ・マルムスティーンのエコノミー・ピッキングです

解説

5弦-12-1415  ↓↑↓(ダウン・アップ・ダウン)
4弦-12-1415  ↓↑↓(ダウン・アップ・ダウン)
3弦-12-14-16 ↓↑↓(ダウン・アップ・ダウン)

どこが違うのか、みて行きましょう
5弦15フレットから弦移動しての4弦12フレット、同じように4弦15フレットから弦移動しての3弦12フレットに移る時のピッキングに注目してください

弦移動する時、↑(アップ・ピッキング)ではなく↓(ダウン・ピッキング)になっているのは確認いただけましたでしょうか?
こうする事でピッキングのロスがなくなります。

これは非常に難しいテクニックですが、覚えて損にはなりません(笑)
イングヴェイに刺激をもらった方、驚異的速弾きをしてみたい方・・・
チャレンジしてみて下さい

きっと明日が変わります(笑)







 

(2013年9月21日(土) 21:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Fコードで挫折した方もざっき~にお任せ!基礎からツボを押さえたレッスン

ざっき~のギタースクール
洲崎信成 (エレキギター)

梅田/大阪・近鉄日本橋・浜寺公園・高石・本町・心斎橋・谷町四丁目

ブログ記事 ページ先頭へ