全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 初めてのギター講座 スクールブログ ギターの役割

ギターの役割

先日とある演奏の場でギターが一人しかいない、と言う事がありまして、
やはりもう一人ギターいたほうが良いなぁなんて話がありました。

ロックバンドにおいてギターが二人いるって言うのはかなり多い気がします。

いわゆるリードギターとサイドギターに分かれてたりします。

僕の友人でギタリストが良く言うのは「ひとつのバンドに同じ楽器は必要ない」

との事です。

自分もまぁそう思います、音域一緒ですからね、、、、

大体それの原因は「ギターソロでバッキングが寂しくなる」が多いですね。

それはギタリストがソロの時に音量上げて良い演奏をすれば解決する話なんですけどね、、、、

とは思いますが、何故そうなるのか、大体演奏中でギターの役割が大きいと言うか、人間の耳で聞こえる周波数的にギターって聞き易いんだと思います

それでソロの時にその音域がポッカリ空いちゃうんで寂しく聞こえると言う事です。

そこをね、どうやって聴かせるかがギタリストとしての腕の見せどころだと思います。

頑張って研究して頑張って練習しましょう!!



 

(2013年9月2日(月) 21:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

セッションホストも務める柔和な先生。上達の近道をじっくり伝授

ブログ記事 ページ先頭へ