全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター北海道 Guitar School薔薇と黒猫 スクールブログ 初心者Guit...

初心者Guitaristのピックの選び方

ピックには大きく分けて、おにぎり型、ティアドロップ型、ジャズ型の3種類があります。

☆おにぎり型☆
三角形の面積が広いピック。
コードストロークやカッティングなどに向いています。
単音弾きももちろんできますが、単音主体で弾くのであればティアドロップ型、ジャズ型がお勧めです。

☆ティアドロップ型☆
この3種類の中では最も万能なピック。
コード弾きから単音弾き、どちらにも向いているでしょう。
この型のピックを使っているGuitaristが一番多い気がします。
ただ、先端が丸みを帯びているものと、とがっているもので弾き心地、サウンドは変わります。

☆ジャズ型☆
小型で小回りのきくティアドロップ型を小さくしたようなピック。
単音弾きでは最も弾きやすいのではないでしょうか?
ジャズGuitaristから最近では速弾き主体のメタル系Guitaristも使っています。

ちなみに僕はジャズ型を使用しています。

お勧めというのはとくにありませんが、上記の特徴をもとに選んでみるのもいいでしょう。

僕は様々なピックを試した結果、ジャズ型に落ち着きました。

どれも間違いではないので一通り試してみるのもいいでしょう。

あと、ピックにはそれぞれ厚さもあります。
それと、素材によっても弾き心地やサウンドは変わります。

ピックって奥が深い(笑)

でも、長く弾き続ければ自分に合ったピックにおのずと出会えるはずです!

 

(2013年8月29日(木) 23:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ステージ経験多数!CD自主制作の経験も。楽しむプレイをお手伝い

Guitar School薔薇と黒猫
広瀬和孝 (エレキギター)

琴似・札幌・苗穂・宮の沢・西28丁目・菊水・すすきの

ブログ記事 ページ先頭へ