サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 Sonic Program Guitar School スクールブログ リディアンのコ...

リディアンのコツ

こんにちは、暑い夏が続きますね!

さて今回はリディアンスケールについてです。

リディアンといえば、興奮冷めやらぬ方もいるかとは思いますが先日まで来日していたSTEVE VAIの使用で有名ですね。

参考書等にはよくメジャースケールの4番目の音を半音上げたと書かれているものですが、実際にそのようにしたところでよく違いが分からないという方も多いのではないかと思います。

また、耳なじみがないといつしか同一線上のメジャースケールに移行してしまいがちです。

ここでは、簡易的にリディアンを印象づける音の使い方を紹介したいと思います。


それは特に難しい事ではなく、スケールを覚えてスケール内の音を1本弦上で2→3→1の順にスライドで弾くというものです。


この場合インターバル(音の間隔)は自由で結構です。

そして同じ事を他の弦でも同様に行います。


いかがでしょうか?リディアンの雰囲気が出ましたでしょうか?

なったという人は同時にSTEVE VAIのような雰囲気も出せたと思います。


このように、新たなスケールを使いこなす際は弾き方も絡めて覚えるとより効果的なのです。

それではまた!

 

(2013年8月10日(土) 1:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校をはじめ指導歴多数。やりたいことにぴったりのアドバイスを提供

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

はい、こんにちは! さて今回は来日も間近に迫ったMR.BIGよりColorado Bulldogのイントロについて解説しようと思います。 自分がこの曲を初めて聴いたのは中2の時なのですが、その時はもう一生弾けないだろうなと思っていたのを覚えています。しかし練習すれば何とかなるもので...

はい、こんにちは! 久しぶりですね。多忙で大分更新が空いてしまいましたが今回はピンポイントなテーマです。 それは24フレットギターの上の方って効果的な使い方あるの?という事 勿論あります! 例えば1弦23f D#音はkey C#mにおいては9thというテンション...

お久しぶりですね、ご無沙汰しておりました。 私の方は大変忙しくしておりまして中々執筆する暇も無い様な状態が続いておりました。 さて、今回はピッキングについてです。 最近改めて自分もピッキングについて見直してみたのですが、やはりこの分野は奥が深いと思います。 で、...

弦の種類が多過ぎて何を選べばいいか分からない。 そういった場合は以下の数値を基準にして選ぶと良いでしょう。 ロングスケール:09〜42 ミディアムスケール:10〜46 09等の数字は弦の太さを示しています。09〜42の表記で1弦〜6弦を示しているのです。 余程...

こんにちは、今回はリズム感を良くするにはどうしたらよいかについてです。 例えば、BPM120ではまあまあリズムを取れてもBPM60になると走ってしまうという状態。 遅いテンポというのは中々リズムが取り辛い物です。 そこで、拍と拍の間で2か3の合いの手を入れてみましょう...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ