全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ 基礎練習は時間...

基礎練習は時間を決めることをおすすめします。

こんにちは!

最近のゲリラ雷雨には本当にビックリしますね!

どこに行くのにも傘がないといけなくなってしまいました、、、

たまにあまりにも雨が激しく、傘が意味ないことも多いですが。


今日は急遽、演奏仕事が無くなってしまったので、基礎練習に関して書こうと思います。


ギターの基礎練習、、特に決まりはないのですが、僕の場合は、右手と左手のコントロールの向上を意識した練習を毎日やっています。


指が動かないとギターを弾くことはできませんので、フィジカル的にも鍛えないといけないわけです。


具体的にはスケール練習やアルペジオ練習、ストロークやカッティングなどを基礎練習として取り組んでいます。
また、弾きづらい運指を意識したフレーズ練習なども取り上げたりしますね。


ただし、毎日弾くことは良いことですが、やみくもに長時間そればっかりやるのは、体に負担がかかってしまうので、時間を区切って練習することを僕はおすすめします。


例えば、2時間ギターが弾ける日があるのならば、最初の20分を基礎練習に費やす、などだいたいの練習メニューを決めます。


目標のテンポで弾けなかったとしても、次の練習メニューにすすみます。


上記のようなフィジカル的な基礎練習は筋トレの概念と同じなので、適度な負担が大切で、また休息することによって、指や腕がその動きを習得、強化されていくのです。


繰り返し練習しても全然弾けなかったフレーズが、寝て起きてみると弾けるようになっていることを経験するとそのことがよくわかります。


基礎練習は出来れば毎日やること、ただオーバートレーニングにならないようにメニューに取り入れてみてください。




 

(2013年8月2日(金) 15:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリーの奨学金もパスした実力派!レコーディングにも精通

ビタミン・ギタースクール
三田村和義 (エレキギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・市ケ谷・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下...

ブログ記事 ページ先頭へ