サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 Sonic Program Guitar School スクールブログ 簡易的スケール...

簡易的スケールアウト

皆さん、こんにちは!暑い日が続いていますね

さて、今回は丁度リッチーコッツェンが来日中という事もあり簡易的なスケールアウトについてです

スケールアウトというとなにか難しい理論を知らなくては上手く出来ないのではと思っている人が多いようですがちょっとコツを掴めばジャズ・フュージョンの雰囲気を出す事が出来ます。


スケールアウトを試みてスケールの間にクロマチック(半音)を詰め込む人をよく見かけますが、アウト感を出すにはもっとよい方法があります。


スケールアウトしようとして半音階を使うのは半音の連続がスリリングに聞こえるからなのです。そこまでは合っているのですが、いたずらに半音を詰め込んでもそこだけが浮いて聞こえててしまいます。

そこで、簡易的により効果的なスケールアウトの方法として半音下から(又は上から)入るというのがあります。

これはリッチーもよく使うのですが、なんのフレーズでも良いので入り口やフレーズの息継ぎの部分で半音下から入る事でスケールアウトを意図的で知的に行う事が出来るのです


簡易的とは書きましたが、使いこなせればジャズ・フュージョンがバックでも十分対応出来るソロが弾けるでしょう。

それでは皆さん、またお会いしましょう!

 

(2013年7月18日(木) 13:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校をはじめ指導歴多数。やりたいことにぴったりのアドバイスを提供

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

はい、こんにちは! さて今回は来日も間近に迫ったMR.BIGよりColorado Bulldogのイントロについて解説しようと思います。 自分がこの曲を初めて聴いたのは中2の時なのですが、その時はもう一生弾けないだろうなと思っていたのを覚えています。しかし練習すれば何とかなるもので...

はい、こんにちは! 久しぶりですね。多忙で大分更新が空いてしまいましたが今回はピンポイントなテーマです。 それは24フレットギターの上の方って効果的な使い方あるの?という事 勿論あります! 例えば1弦23f D#音はkey C#mにおいては9thというテンション...

お久しぶりですね、ご無沙汰しておりました。 私の方は大変忙しくしておりまして中々執筆する暇も無い様な状態が続いておりました。 さて、今回はピッキングについてです。 最近改めて自分もピッキングについて見直してみたのですが、やはりこの分野は奥が深いと思います。 で、...

弦の種類が多過ぎて何を選べばいいか分からない。 そういった場合は以下の数値を基準にして選ぶと良いでしょう。 ロングスケール:09〜42 ミディアムスケール:10〜46 09等の数字は弦の太さを示しています。09〜42の表記で1弦〜6弦を示しているのです。 余程...

こんにちは、今回はリズム感を良くするにはどうしたらよいかについてです。 例えば、BPM120ではまあまあリズムを取れてもBPM60になると走ってしまうという状態。 遅いテンポというのは中々リズムが取り辛い物です。 そこで、拍と拍の間で2か3の合いの手を入れてみましょう...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ