サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ 左手のミュート...

左手のミュート(フィンガリング)の基本。ex.メジャースケール

こんばんは!


すっかりジメジメとした梅雨らしくなってきましたね〜


僕の作業部屋は機材熱が凄いので、もう冷房なしでは、何もできない状態になっています。


3.11以降はなるべく電力を使用しないようにしなくてはと気をつけているのですが。



今回は
音を綺麗に出すために「左手のミュート」について少しお話したいと思います。


例えば、メジャースケールを弾くような場合。


下記譜例のCメジャースケールの1小節目1拍目のド=5弦3フレットを中指で押さえて弾きます。


左の写真はダメな左手のフォームです。
右の写真は正しい左手のフォームです。


違いは何か?


左手の人差し指に注目してください。


ダメなフォームは人差し指が弦から大きく離れています。
それに対して、
正しいフォームは人差し指が4弦から1弦まで軽く触れている状態です。


このように余った指で、弾かない弦を軽く触れることによって
余分な音を鳴らないようにする=ミュートをします。


きちんと左手で弾かない弦をミュートしてあげると、クリアーで良い音が出るようになります。


シチュエーションに応じて左手のミュートの仕方も変わってくるので、ブログではなかなか細かく解説できませんが、色々と思考錯誤しながら、ミュートしてみてください。


また、上手な人の左手を観察すると思っている以上に左手はバタバタと動かず、スモールアクションで這うようにフィンガリングしていることが多いです。
(たまに左手のフィンガリングがバタバタしていていても凄いギタリストはいますが。)

押さえてない指もあまり指版から離れないようにしてください。


力を入れすぎず、正確に指をフレット寄りに置いていくことが大切です。


ミュートやフィンガリングは早い段階から癖として身につけると後々、とても楽になってきます。


是非、意識してみてください!

左手のミュート(フィンガリング)の基本。ex.メジャースケール左手のミュート(フィンガリング)の基本。ex.メジャースケール左手のミュート(フィンガリング)の基本。ex.メジャースケール

(2013年6月15日(土) 19:24)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

GWの真夏に迫る暑さから、一転、昨日から3月に戻ったような寒さですね。 体調管理には気をつけないと! さて演奏情報の告知です。 本日発売のドラマCD「あめふらし」 主演:飯田里穂 、 はるかひとみ  OP,ED曲ギターを担当させていただきました。 http://tower...

GWはいかがお過ごしでしょうか? 僕は普段と変わらず仕事をしている毎日です。 4/29には岩船山クリフステージに出演させていただいて、3400人という大勢のお客様の前でメインとなるインストを含め、バックバンドで演奏するという機会に恵まれました。 また、スタジオでガットギター、アコ...

先日は桜咲く目黒川付近のレコーディングスタジオで アコースティックギターとガットギターのダビングをしてきました。 スタジオワークは限られた時間(この日は1時間)の中で行うので、色々な角度から日々鍛錬していなくてはいけません。 もっと良いギターが弾けるように頑張っていきたいと思います。 ...

具体的にレッスンで使用している譜面を載せてみます。 以前に生徒さんのご要望で 「丸の内サディスティック/椎名林檎」のR&B,Jazz 的なアドリブソロ例として書いたものになります。 クリーントーンで弾く大人っぽい(?)色気のあるソロを目指して シンプルにマイナーペンタトニックを基軸...

またまた久しぶりの更新になってしまいました。 僕は録音の仕事、音楽制作でアンプシュミレーターのKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー )をよく使用しています。 単純に言って、便利な機材です。 色々なアンプをプロファイル...

ブログ記事 ページ先頭へ