全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 Hello!!24ギタースクール スクールブログ 【大事なキホン...

【大事なキホン⑥〜ピックアップセレクターで音に変化を!】

ブログ、さぼってました。。すみません。。


梅雨の時期ですね!
と声高らかに言える程、梅雨でもないですね!
西川です。


さて、今回のキホンは「ピックアップセレクター」について。


エレキギターには必ずピックアップ(PUと略されることが多いです)がついていまして、これが弦の振動を電気に変えてくれることによって、スピーカーにつなぐと音が出る仕組み!
いわばボーカルで言う「マイク」の存在なので、コイツをうまく使うことで色々と音に変化をつけられるわけですね。

このピックアップも色んなメーカーから色んなものが出てまして、それぞれに音のキャラクターや特徴があります。
僕も持ってるギターに色々なタイプのものをとっかえひっかえして、いい感じの組み合わせを探したりも。
ギター本体の音との組み合わせもあるんですよね。。奥が深いです!


【画像に沿って進めていきますよー!】

僕の愛用ギター「ストラトキャスター」には、3つのPUがついています。
弦の下にある黒いカバーに覆われたやつです。
これは「シングルコイル」タイプのPUと呼ばれ、細い見た目が特徴。
音も細く、固めで繊細な音が特徴。

ちなみに
※画像②…レスポールなんかは、ハムバッキングタイプ・ハムバッカーと呼ばれるタイプのものがついていることが多いです。
上のシングルコイルに比べてパワーがあり、音が太く甘い感じのニュアンス。


どちらのタイプも長所・短所があるので、自分の好みの音楽に合わせてチョイスするのがいいと思います(^^)


ちょっと脱線しましたが…

【画像①左上】
この写真で言うと、真ん中上部のスイッチレバーのような部品、これが今回のテーマの「ピックアップセレクター」です!
名前の通り、コイツを切り替えることで使用するピックアップを選ぶことが出来ます。
形状は違えど、PUがついているギターには間違いなくほぼ必ずついているパーツ。

通常、このストラトキャスターというギターにはPUが3つついているのですが、さっき画像②でちょこっと触れたレスポールなんかはPUが2つだったり。

こいつを切り替えることでどういう風に音が変わるの??というビギナーの方も多いと
思います。
生で弾いてもなんら影響は無いのですが、何しろコイツは「マイク」なので、アンプを通して弾いたときにその差がはっきり分かるはず!!



一般的に。。

『ブリッジ側(画像で言う右側)に近いPUほど音が固く、ネック側(左側)に近いPUほど音が甘い』

です。


実際にアンプにつないでみて、ピックアップセレクターを動かしてそれぞれ出る音を聴き比べれば一目瞭然なはず!

【画像①左上】
これは一番ブリッジ側のPUをセレクターで選んでいる状態。

【画像①右上】
↑の逆で、一番ネック側のPUをセレクターで選んでいる状態。


ストラトだと、セレクターとPUの位置関係はこんなかんじ。
ちなみに2つの真ん中のポジションにセットすると真ん中のPUが選ばれる…といった感じ。
レスポールなんかはまた違った形のピックアップセレクターがついてます。


おそらく、実際にやってみた方がその音の差が歴然なのが分かると思うので、ぜひアンプにつないだ状態で試してみてください(^o^)



では、どういったときにこの切り替えが役立つのか。。
例えば僕の場合だと。。

*歌の後ろでちゃかちゃかコードを弾いたりするときは、固めで細めの音が欲しいので
ブリッジ側のPUを選んだり。
*柔らかい優しい音でアルペジオなんかを弾いたりする時は、甘い音の方がいいのでネック側のPUを選んだり。
*ギターソロで音抜けよく弾く時や、ロングトーンを使う時はネック側のPUを選んだ(中域が強いほどバンドの中では音抜けがしやすくなるので、高域を削る目的でブリッジ側は選ばない、という考え方です)。


などなど…

ご自分のイメージする音によって使うPUを変えるようにすれば、この切り替えだけでもかなり音に表情をつけられるようになります!(^^)


ちなみになのですが、これはPUのそれぞれのポジションと弦の振動回数が関係してるからこうなってるんです。。
が、詳しく話すとかなりややこしい話になるのでそうなんだ〜くらいに(^^;;
いわゆるHz(ヘルツ)とか関係してくるのです。。

【画像①右下・左下】
同じ要領で、弦を弾く場所によっても音の感じが変わってくるのでこちらもちょっとした小ワザとして試していただきたいです!
右下、ブリッジに近い場所で弦を弾くとちょっと高域が強調されキンキンしたかんじになります。
逆に左下、ネックに近い場所では少し柔らかくて甘いかんじに。



ギターは全く同じセッティングであっても、弾く人によって出る音が全く違ったりします。
細かなことですが、こういう部分が実は「自分なりのギターや音」を作ってる一因になってるのかもしれないですね!(^^)




読んでいただきありがとうございましたー!



*にしかわ*

【大事なキホン⑥〜ピックアップセレクターで音に変化を!】【大事なキホン⑥〜ピックアップセレクターで音に変化を!】

(2013年6月9日(日) 16:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

歌モノのギターならおまかせ!ゼロ~プロギタリストの心構えまで

Hello!!24ギタースクール
西川信幸 (エレキギター)

渋谷・新宿・溝の口・登戸・立川・調布・聖蹟桜ヶ丘・向ヶ丘遊園

ブログ記事 ページ先頭へ