全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 bienn guitar school スクールブログ 何事も一手間が...

何事も一手間が大事

久しぶりの更新となってしまいましたが今回は練習時のちょっとしたアドバイスを。


皆さんはエレキギターを弾く時はアンプに繋ぎますか?

毎回アンプに繋いで練習するって人は少ないと思います。

ちょっと面倒だし、アンプなんか家で鳴らしたらうるさいですからね(笑)

なので何も繋がず生音で練習するって人が多いと思います。

家では小さい音で弾けるというのもエレキギターのメリットでもありますからね。



ですがここにちょっとした落とし穴が...



実は生音で弾く時とアンプを繋いで弾く時とでは色々と感覚が違ってくるんです。



どういうことかと言うと



例えば生音の時では聞こえないような余計な音が鳴ってたり。

音が大きくなるぶん色々なノイズが出やすくなるからです。


逆に生音でちゃんと鳴るようにと強く弾きすぎてしまったり。

これはちょっと難しい話なのですが、まぁ簡単にいうとあんまり強く弾きすぎても良くないということです。


ざっくりしすぎですね。


もう少し詳しく説明するとギターは弦が振動して音が鳴っています。エレキギターの場合それをピックアップ(マイク)で拾いアンプから音を出します。
で、ピッキングが強すぎると弦の振動が不安定になってしまい良い鳴りが得られなかったりするんですね。

これが生音だと分かり辛く、ついついよく鳴らそうとして強く弾きすぎてしまうのです。



てなわけでなるべくアンプに繋いで弾いたほうがエレキギターの鳴らし方やノイズの処理の仕方などが身についてくるのです。


でもなかなか家ではアンプで鳴らすのは難しいですよね。


そんな時はヘッドホンです!


小さいアンプにはヘッドホン端子がついてるものが多いのでヘッドホン使えばバッチリです。

他にもMTRやパソコンの録音ソフトなどに繋げばアンプを使わなくてもちゃんとエレキギターの音で練習出来ます。


そんなのは持ってないという人は


安心してください

散々偉そうに説明しましたが、別に生音で練習するのが悪いというわけではありません。

落とし穴とか言いましたが、片足入るくらいのもんなんで。

それを気にして弾かなくなっちゃたら元も子もないですからね。

何よりも、たくさん触ってあげるのが一番の上達法です。

そしてスタジオ入った時には大きい音で思い切り鳴らして下さい!
それがエレキギターの一番の楽しみ方です!



*木村大樹*

 

(2013年4月26日(金) 13:41)

前の記事

この記事を書いたコーチ

5歳~50代の方まで幅広く指導。具体的な目標探しからじっくりサポート

bienn guitar school
木村大樹 (エレキギター)

代々木・新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・吉祥寺・中野・高円寺・荻窪・西荻窪・大久保・野...

ブログ記事 ページ先頭へ