全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 D-CORE・GUITAR SCHOOL スクールブログ 最近のバンド模...

最近のバンド模様!

前回、前々回と十代のまだ駆け出しのころのライブについて書いてきた訳ですが、今日はちょっと(というか大分?)時間軸を進めて、今現在のバンド活動について書いてみようかなと思います。

今現在、僕のバンドはヴォーカル(女性)とギター(僕)とサポートのべーシストとドラマーの四人がいて、10月に行われる、このバンドでは初となるライブにむけて準備をすすめている状態です。

曲は全曲僕が作詞・作曲を手がけているのですが…(一曲だけ僕の尊敬する音楽仲間が詩を提供してくれました。)

いやはや、自分のイメージを人に伝えるのって本当に難しいッ!

作曲した本人は「この曲はこうで」というイメージが何の気になしにあるのですが、それが他のメンバーに完全に伝わっているとは限らない!

オリジナル曲をやるバンドのリハーサルとは「共通認識の確認」から始まるといっても過言じゃないでしょう。

「同じ鳴き声を聴いて、違う鳥を見てはいないか?」の探りあいですね(笑)

時間をかけてゆっくりと話し合い、音を合わせあい、一つの作品を作り上げてゆく…気の遠くなるような作業ですね!(笑)

曲を作ってて一番楽しいのはメンバーに渡すデモ音源を作っているときですね!

飽くまで自分一人の認識で出来るから!

それをバンドに持ってきて形にするまでには途方も無い苦労の連続ですね!

…でも、それを乗り越えてバンドで曲を奏でられるようになるとデモ音源でしかなかった物がちゃんとした「血の通った音楽」になるのでやりがいはありますよ!

音楽とは人に伝えるもの、そのためにはまず自分と一緒に演奏する人間にも伝えなければいけないって事ですね!

言葉にすると簡単ですが、中々難しいです!

 

(2008年9月5日(金) 5:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

積み重ねが苦手でも!褒めてくれるから、できないが今日のできたに

D-CORE・GUITAR SCHOOL
山本勇 (エレキギター)

渋谷・新宿・登戸・立川・吉祥寺・調布・府中・京王永山・京王堀之内

ブログ記事 ページ先頭へ