全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 D-CORE・GUITAR SCHOOL スクールブログ 二度目のライブ...

二度目のライブ、初めての挫折

さて、今回は生まれて二度目に出演したライブであり、そして始めての挫折を味わったライブの話を書いていこうかと思います。

初めてのライブに出てから一週間後、当時のバンドのドラマーの高校の人達が出るライブに出演することになりました。

初めてのライブの時は同じ高校の人達との対バンで比較的ホームな雰囲気で尚且つ初めてということもあり、「楽しい」気分で出来たのですが、二度目のライブは思いっきり「アウェイ」でした!

まず、共演のバンドの人達の格好が思いっきりパンクで!

顔中にピアスの人やら、モヒカン刈りの人やら、とにかく強面で!(笑)

そういう、「いかにもパンクロッカー!」な人達を間近で見るのが初めてだったもので正直ビビッてしまいましたね!(笑)

まぁ、話してみるといい人達ではあったんですけど…。

そして、ライブが始まりました。

衝撃でしたよ!とても「熱い」ライブで!

その時、僕は初めてモッシュというものを見たんです。

始めは「この人達なんで互いに体をぶっつけ合ってるんだろう?」と思いましたが、見ているうちに

「なんて、命がけで、そして楽しそうなんだろう!」

という思いが心と体に駆け巡りました!

激しく叩きつけるドラム、腹に響くベース、シャウトするヴォーカル、そして激しく突き刺さるようなギター!!

「これが…これが本当のパンクなんだ!!」
今見れば拙いライブだったかも知れません、しかし当時の僕の目と耳と体には今も鮮明に残る激しい「ライブ」がそこにあったんです!

…それに引き換え、僕達のライブは乏しいものでした。
他のバンドの迫力に押され、すっかり意気消沈してしまった僕達は全員下を向き拙い演奏をそれはそれは迫力の無いテンションで終わってしまいました…。

「何だろう?この違い?」「どうしたら、あんな風にカッコ良く出来るんだろう?」

終わった後、僕はそればかり考えていました。

初めての挫折、しかしそれは僕にとってその後のバンド人生に大きな課題を植え付けるものでした。

「激しくなければロックじゃない!」
「ステージ上のプレイヤーも、そして見ている観客も共に激しく楽しめるライブをやらなければ!!」

その大きく、そしてはっきりとした指標をもてた事、それは僕にとって大きな財産になりました。

その約半年後、高校を出てから出演したそのバンドの解散ライブは比較的盛り上げることができ、メンバーと
「あの時の借りは返したな!」と話したものです。

そして、その後に組んだバンドでも「盛り上げるライブ」を目標に僕のバンド人生はどんどん奥深く進んで行くのです!

さて、次回は時間軸を進めて今のバンドの話でもしましょうか!



 

(2008年7月14日(月) 16:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

積み重ねが苦手でも!褒めてくれるから、できないが今日のできたに

D-CORE・GUITAR SCHOOL
山本勇 (エレキギター)

渋谷・新宿・登戸・立川・吉祥寺・調布・府中・京王永山・京王堀之内

ブログ記事 ページ先頭へ