サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 D-CORE・GUITAR SCHOOL スクールブログ いよいよバンド...

いよいよバンドコピー!すると…

さてさて!

コード譜でジャンジャカと楽しく曲を弾いていた僕は、ふとある疑問にぶちあたりました。

「これって、プロのギタリストもこんな風に弾いてるんだろうか?」と!

…というのも、テレビ等で見るプロギタリストは僕の弾いているのとは違う弾き方をしているんですよ…!

しかも、コード譜にはギターソロの事は少しも書いていない!

…もしや!と思った僕は当時僕より先にギターを弾いていた友達に聞いてみました。

すると「そりゃ、本物はアレンジしてるから違うに決まってんジャンか!」
という答えが返ってきました。

「アレンジ!?」

…百聞は一見にしかずで早速友達の持っていたバンドスコアを見た僕はそこで驚愕の事実を見たのです!

「全然違う!」(笑)

初めて目にするバンドスコア、そこにはメロディー譜の下に各楽器パートの楽譜が記載され、ギターにはタブ譜と呼ばれるものが記されていました。

「これがGコード!?」

確かに、メローディー譜の上に良く知っているはずの「G」という文字が、しかしその下に記載されているタブ譜にはおよそ僕の知っているGではないモノが載っていました!

「!!!!!????」

それもそのはず、僕はそれまでコードというのは一種類くらいしか押さえ方が無いと思っていたんですが、実際には、解放弦を使った「ローポジションコード」、バレーフォームを使った「ハイポジションコード」、主音と五度音のみを押さえる「パワーコード」…その他様々な押さえ方があり、尚且つそれも様々なポジションで弾けるので一概に「この押さえ方」だけでは無いんですね。(笑)

それを知らなかった僕はギターの奥深さに眩暈がしそうでした!(笑)

「えーッ!じゃあ、やっぱりギターって難しいのかな…」

と思った方もいるでしょうが、確かに一時に聞くと面倒くさそうですが、ある程度基本が分かってれば意外と出来るもんですよ♪

何故って、要は全部応用ですから!

しかも、別に全部の押さえ方を暗記する必要なんて無いんですよ!

前にも書いたように「曲を弾きながら」練習すればいつの間にか「あっ!これも出来る!あれも出来る!」ってなっていくんですよ!

そして、ギターをやる上で一番大切な事はただ一つ!

「楽しみながらやること!」


これに尽きます!

なぜって、楽しくない事なんか続かないからです。

けれど、楽しい事は暇さえあればやってしまう!

だから、貴方が「一番楽しめる練習方」でやっていきましょう!

好きな曲を弾くもよし!極めたい技術を追求するもよし!ゆる~く、「簡単な事から!」でも全然OKですよ!

僕はとことん付き合いますよ!

やっぱりギターを弾く人には楽しんで欲しいんです!

「音を楽しむのが、音楽!」

「楽しむ器と書いて、楽器!」


ですからね!

さてさて、次回は少し時間軸を進めて、僕が始めてバンドでライブをした日のことでも書きましょうかね!








 

(2008年5月13日(火) 3:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

積み重ねが苦手でも!褒めてくれるから、できないが今日のできたに

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

今年八曲目となる新曲『童ノ唄』のご紹介です。 <b><font size="3">■童ノ唄■</b></font> <img src="https://stat.ameba.jp/user_images/20180721/22/sheep-wolf/af/d1/j/o0445045...

今日から夏休みに入った学校も多いらしいですね! <img src="https://stat.ameba.jp/user_images/20170824/19/sheep-wolf/10/46/j/o0469031414012284198.jpg?cpd=215" width="30...

今年七曲目となる新曲『儚き華』のご紹介です。 <img src="https://stat.ameba.jp/user_images/20180630/09/sheep-wolf/7d/1c/j/o0340022714220385301.jpg?caw=800" width="300...

今年六曲目となる新曲『喰蟲華』のご紹介です。 <img src="https://stat.ameba.jp/user_images/20180629/23/sheep-wolf/4a/b2/j/o0600032614220227745.jpg?caw=800" width="300" ...

明日から関東甲信越でも梅雨入りするみたいですね! 我々ギタリストにとって梅雨の時期に困る事といえば…ギターケースが雨に濡れること! いくら梅雨の時期だからといって、バンド練習のスタジオに行かない訳にはいきませんよね、?^^; とはいえ大切なギターも濡らしたくないし…。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ