全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ オンコード

オンコード

こんにちは!

今日はオンコードについて説明したいと思います。

オンコードとはC/GとかConGと表記されるものです。


通常のコードでは、そのコードのルート=ベース音と言えますが、あえてルートとは違う音をベース音に指定したいときに、オンコードを使います。


一番良く使われるオンコードのパターンは「コードの構成音」をベースに持ってくること。

つまりCmajorであるなら
CEGの構成音のうち、Eをベースにもってくれば、C/E。
Gをベースに持ってくれば、C/Gというコードになります。

つまりコードの構成音の並べ替え(転回)をしているだけであるので、そのコードの響きが大きく変わることはありません。


しかし、オンコードを使用することによってベースラインを美しく整理することができます。

例えば
F→C→Dmなんて進行がある場合に、
F→C/E→Dmという流れに変えると、
ベースがF→E→Dと下がるので、滑らかに進行します。



もうひとつはコードの構成音以外をベースに持ってくるパターンになります。


例えばC/B♭とかC/Dというようなコードです。


このパターンの場合は、響きが大きく変って聴こえると思います。

C/B♭やC/Dなどはよくポップスでも出てくるコードですが、それぞれ固有の響きがありますので、個別にボキャブラリーとして頭に入れておくとコード進行に幅を持たすことができます。


ボキャブラリーに入れるコツは、オンコードを丸暗記するのではなく、コードの構成音をギターの指板上で理解し、ベーシックなコードを基にして、「オンコードをつくる」といった感覚で捉えるとよいでしょう。

例えばC/Eをそのまま指の形で覚えるのではなく、「構成音であるEをベースに持ってくるには、どうのような運指で押さえたらよいのか?」と考えるようにしましょう。


そして、アンサンブル上の問題ですが、バンドでやる場合は、ベーシストがいるので、ギターまでオンコードで弾く必要がないケースが多いです。


ベースはもちろんベーシストが弾いてくれますから、下手に弾くとハーモニーが濁るケースもあります。


常にオンコードをギターが弾く必要があるかないか、判断しながら演奏しましょう!

 

(2013年3月27日(水) 16:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリーの奨学金もパスした実力派!レコーディングにも精通

ビタミン・ギタースクール
三田村和義 (エレキギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・市ケ谷・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下...

ブログ記事 ページ先頭へ