サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ コードを把握す...

コードを把握すること

こんばんは!

僕は最近はサポートの仕事をやりつつ、作曲の仕事も精力的にやっています。
作曲や編曲の仕事は締め切りがあるので、締め切り前になると眼がショボショボしてきます(笑)
(幸い、花粉症ではないです。)


そんな中、レッスンがあると頭の切り替えもできるので、とても助かります。
というより、前回のブログでも書きましたが、音楽好きな人と演奏したり、話したりすると元気がもらえるんですね。
今日もAskaさん(ex.はじまりはいつも雨)の楽曲をレッスンで取り上げたりして、作曲の特徴(転調の多いところなど)を分析したり、そこから歌詞に至るまで雑談、妄想(笑)したり、、、
それはそれは、とても楽しくレッスンをさせていただきました。


そんなレッスンで楽曲の作り方について話したり、自分の作曲の量が増えていることもあって、あらためて「コード」について理解することがとても大切だなぁと感じています。


歌モノはもちろん、ギターソロでも背景にあるコードは必ず把握しておく必要があります。


なぜなら、メロディ、フレーズを「台詞」に例えると
コードはその「背景」にあたる役割を担うからです。


例えば、「愛している」という台詞があったとします。

それを
戦火の中、崩れ落ちる橋の上でという「背景」で「愛している」と恋人に言うのと、
バラエティ番組中で風船を割りながらステージ上でという「背景」で「愛している」と恋人に言うのでは全然意味合いが変わってきますよね。


つまり同じ旋律でも、コードによってその印象が変わってくるのです。


試しにドミソ〜を
コードがCで歌うのと
コードがAmで歌うのと
コードがDm9で歌うのでは
全然印象が変わるはずです。


コードを理解するほど、こういったイメージをコントロールできるようになってきます。


こういったコードを適切に当てはめる作業や、コードを代替すること(リハーモナイズ)についてはまた今度、お話しようと思いますが、


まずは「楽曲をコピーするとき、単音フレーズを弾いているときでも常にコードを意識すること」をおすすめしたいと思います!









 

(2013年3月17日(日) 23:27)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

GWの真夏に迫る暑さから、一転、昨日から3月に戻ったような寒さですね。 体調管理には気をつけないと! さて演奏情報の告知です。 本日発売のドラマCD「あめふらし」 主演:飯田里穂 、 はるかひとみ  OP,ED曲ギターを担当させていただきました。 http://tower...

GWはいかがお過ごしでしょうか? 僕は普段と変わらず仕事をしている毎日です。 4/29には岩船山クリフステージに出演させていただいて、3400人という大勢のお客様の前でメインとなるインストを含め、バックバンドで演奏するという機会に恵まれました。 また、スタジオでガットギター、アコ...

先日は桜咲く目黒川付近のレコーディングスタジオで アコースティックギターとガットギターのダビングをしてきました。 スタジオワークは限られた時間(この日は1時間)の中で行うので、色々な角度から日々鍛錬していなくてはいけません。 もっと良いギターが弾けるように頑張っていきたいと思います。 ...

具体的にレッスンで使用している譜面を載せてみます。 以前に生徒さんのご要望で 「丸の内サディスティック/椎名林檎」のR&B,Jazz 的なアドリブソロ例として書いたものになります。 クリーントーンで弾く大人っぽい(?)色気のあるソロを目指して シンプルにマイナーペンタトニックを基軸...

またまた久しぶりの更新になってしまいました。 僕は録音の仕事、音楽制作でアンプシュミレーターのKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー )をよく使用しています。 単純に言って、便利な機材です。 色々なアンプをプロファイル...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ