全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・おぐり スクールブログ フュージョンの...

フュージョンの話

みなさん、こんにちは。

東京では今年は桜の開花が例年よりも早いようですね。
のほほんとしていたら春が終わってしまうかもしれません。

さて、今日はフュージョンという音楽についてのお話です。

フュージョン(Fusion, Jazz Fusion)

1960年代後半から現在に至るまでのジャズを基調にロックやラテン音楽、R&B、電子音楽、などを融合(フューズ)させた音楽のジャンルである。一般的には、ジャズジャンルから確立されたものの一種に位置づけされている。

ジャンルの垣根を乗り越えて音楽性を融合させるスタイル
クロスオーバー(Crossover)という言われ方もするようですね。

このような説明を聞くと、何だか難解なイメージがあるかもしれませんが、フュージョンは楽器主体の音楽ジャンル (インストゥルメンタル Instrumental) なので、BGMとして使われることも多く、割と身近な音楽のような気がします。

スムーズジャズなどと呼ばれている種類のものもあり、耳馴染みも良いので、昼下がりのスーパーなどでのんきにかかっていることもあります。

そんな身近で聴きやすかったりする音楽ではあるのですが、やはり実際に演奏するとなれば高度な音楽知識、技術を必要とされる場合が多いかもしれません。

フュージョンと言われて思い浮かぶのがやはり、腕利きミュージシャン達の存在ですね!
先日のポップスの話と内容が少し重複しますが、フュージョンを聴く場合は演奏するミュージシャン達の存在を気にかけて聴くのが面白いと思います。
洗練されたメロディーやため息のでるような超絶技巧、ミュージシャン同士の演奏中のやりとりなど、楽器好きをうならせるような魅力が多い音楽ジャンルだと思います!

大体、フュージョンのCDにはジャケット、または背面に誰が演奏しているのか分かるようにミュージシャンクレジットが記載されていることが多いので、名前を知っている人が見つかればとりあえず買ってみましょう!

ジャズ・フュージョンの代表的なギタリストと言われると、ラリー・カールトンやリー・リトナーといった方たちがいますが、彼らはギタリストとしても一流ですが、より音楽全体を見てアレンジをするというような能力が高いと思われます!

実際にギターを弾く場合も、そんな彼らの手法を参考にしながら、自分の演奏に新しいものを取り入れられるようになれるとよいですね!
ギターに限らず一流のベーシストやドラマー、鍵盤奏者、管楽器奏者などの演奏に触れる機会を増やす事もとても大切なことだと思います!


 

(2013年3月17日(日) 10:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

愛知万博のイベントにも出演。簡単アレンジもできるので、初心者も安心

ギタースクール・おぐり
おぐり (エレキギター)

吉祥寺・三鷹・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪・ひばりヶ丘・武蔵関

ブログ記事 ページ先頭へ