全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・おぐり スクールブログ ギターを選ぶ

ギターを選ぶ

みなさん。こんにちは。

今日はギター選びについてのお話をします。

まずギターを始めるなら自分のギターを用意する必要がありますね。
初めてギターを手にする方は、世の中には星の数ほどギターがある訳ですから、どう選べばよいか迷ってしまいます。

一言で解決するとしたらこう言いたいです。


「見た目が気に入ったギターを買いましょう。」


趣味のギター、プロ指向のギター、安いギター、小さいギター、赤いギター、傷だらけのギター、色々あるので、じっくり考えて買ったほうが良い気がしますが、特に最初の1本は第一印象や見た目を重用視するべきだと思います。
好きなアーティストが使っているギターと同じものなんていうのも良いと思います。


なぜなら、どんなに良いと言われるギターでも、自分自身が手に取って弾きたいと思えなければ意味がないからです。
ギターを習得していく上で色々な面で行き詰まったり、できないことも出てくるかと思いますが、見た目がよいということは、非常に大きな助けになります。


ちなみに自分が今まで購入してきたギターは一目惚れで購入したものばかりです。


自分自身がアルバイトをして貯めたお金で買った最初の1本などは、ギター雑誌のカタログで、お!と思ったギターを見てすぐに楽器屋さんに電話をして購入したものです。

「これは良いギターですか?」
「はい、良いギターです。」
「では、下さい。」
「はい、お買い上げありがとうございます。」

という1分足らずのやり取りで10代にもかかわらず、10万円以上のギターを購入しました。
今思うと軽薄極まりないと思いますが、そのギターは今でも気に入って使っています。


実際に手に取ってみたり、試奏をしてみる必要はあるかと思いますが、これからギターを始めて、それを頻繁に手に取るわけですから、時間を忘れてついつい弾きたくなってしまうようなものを選べるとよいですね!

音楽は受け身で得られるものではなく、自分から求めていくことで初めて得られるものだと思います!ギター選びは その第一歩です!


マーチンのバックパッカーというギターは見た目が素敵です。

ギターを選ぶ

(2013年3月7日(木) 11:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

愛知万博のイベントにも出演。簡単アレンジもできるので、初心者も安心

ギタースクール・おぐり
おぐり (エレキギター)

吉祥寺・三鷹・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪・ひばりヶ丘・武蔵関

ブログ記事 ページ先頭へ