全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 Sonic Program Guitar School スクールブログ ギター選びあれ...

ギター選びあれこれ

今回はギター選びに関してです。


これからギターを始めようとしている人や次の一本を買おうとしている人も、大い

に迷いどころだとは思います。では、どういった点に着目すれば自分に合った、気

に入って長く弾き続ける事が出来る、あるいは思わず手に取ってしまうギターに出

会えるのでしょうか?


では、僕が楽器屋で実際にギターを選ぶ際に気にかける点なのですが、おおまかに

分けてデザイン、材、弾きやすさ、組み込みの4点なのですがデザインや材は皆

さんの好みがあるかと思うのでここではあまり触れない事にして、弾きやすさや組

み込みはどのように見分けたら良いかを紹介したいと思います。それではいってみ

ましょう!


1、スケール(長さ)
スケールというのは、弦が張ってある支点から支点までの長さの事です。大きく分

けてショート、ミディアム、ロングの3種類があります。この尺が長い程フレット

間の間隔が広く指を開く事になります。音程の跳躍を好む人や、手があまり大きく

ない女性の方にはショート、ミディアムスケールをお奨めします。


2、グリップ(ネックの握り)
これはネックを握った時に手になじむかどうかという事なのですが、おおまかに分

けUシェイプとVシェイプがあります。そして厚みと幅。これらのバランスを手に

取ってみる事によって判断します。


3、ブリッジの高さ
僕は低い方がコントロールしやすいので低いものを選びます。人によって弾きやす

さを感じる点が異なる部位だと思います。


4、組み込み
ネックジョイント部。この部分が丁寧に処理されているかどうかでそのギターの善

し悪しは大体分かってしまいます。ボディーとネックが丁度に収まっていることが

大事です。間が空きすぎても窮屈過ぎても良くないです。ただ、1つ気をつける点

として木は材によって収縮率が異なりますので、ボディーとネックが違う材の場合

は経年で塗装割れを起こす場合がある為、若干余裕があると良いです。



いかがでしたしょうか?あくまで目安として大まかに4点程紹介させて頂きました

が皆さんの楽しいギター選びの手助けになれば良いなと思います!選考を通過した

New Guitarを末永く大事にしてやってください!それではまた!

 

(2013年2月21日(木) 20:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校をはじめ指導歴多数。やりたいことにぴったりのアドバイスを提供

Sonic Program Guitar School
左藤雄一 (エレキギター)

溝の口・町田・東林間・鶴間・宮前平・たまプラーザ・あざみ野

ブログ記事 ページ先頭へ