全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 G-Licks ギタースクール スクールブログ 「エリック・ジ...

「エリック・ジョンソンのペンタトニックライン」

さてさて、

突然ですが、
今日は、自分のお手本、エリック・ジョンソンのアプローチを検証してみたいと思いますw


彼がロック・チューンを演奏する場合、
アプローチの核となるのはペンタトニックですが、ホントに見事で、流麗なラインを形成しています


特徴的なアプローチは、いくつかありますが、
今日は”ブロック・チェンジ”と”5ノーツ”をご紹介します

5ノーツとは、音の固まりを5つで区切ってアプローチする、という手法です

当然、4拍子のリズムの場合、5つの音のブロックで進んでいくと、アタマがズレていきますね

これが、えも言われぬスリリングさと、流麗さを生んでいくカギになります


それと、高速のブロック・チェンジですね、、、

ペンタトニックは、各ブロック、1つの弦に2つのノートを弾いていきますが、
彼は、ラインの途中でブロックをチェンジすることによって、
レンジ(音域)の広いアプローチを可能にしています。。


まぁ、能書きはともかく(笑)
Amペンタトニックの下行ラインを検証しましょう。。
(全て8分音符の均一な符割りです)

5ノーツの固まりで、
E-G-E-D-C 
(12f/1、15f/1、12f/1、10f/1、13f/2)

E-D-C-A-G 
(12f/1、10f/1、13f/2、10f/2、12f/3)

C-A-A-G-E
(13f/2、10f/2、ブロック・チェンジ、10f/2、8f/2、9f/3)

A-G-E-D-C 
(10f/2、8f/2、9f/3、7f/3、10f/4)

E-D-C-A-G 
(9f/3、7f/3、10f/4、7f/4、10f/5)

C-A-G-E-D 
(10f/4、7f/4、10f/5、7f/5、10f/6)

A-G-E-D-C
(ブロック・チェンジ、7f/4、5f/4、7f/5、5f/5、8f/6)

E-D-C-A-A 
(7f/5、5f/5、8f/6、5f/6、7f/4)
最後のノートは伸ばします、、、



ご理解いただけましたか??


最後まで弾いた方は分かると思いますが、
見事なライン・アプローチです、、、

エリック・ジョンソンは、
和音のアプローチでも、類を見ないスタイルを構築しています


いずれ、ご紹介できれば、、、
加納修

 

(2013年2月14日(木) 21:26)

前の記事

この記事を書いたコーチ

音楽監督としても活躍。悩みは技術・機器に詳しい先生と解決!

G-Licks ギタースクール
加納修 (エレキギター)

新宿・吉祥寺・幡ヶ谷・笹塚・明大前・下北沢

ブログ記事 ページ先頭へ