全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ミラクル☆アシスト・ギタースクール スクールブログ 拍子のお話。

拍子のお話。

拍子のお話。


拍子というのは、4/4(4分の4と読みます)拍子とか、
6/8拍子とか
よく耳にしますよね?




4/4拍子は簡単に言えば、

ワン、ツー、スリー、フォー
と数えるやつです(笑)


これは1小節内に4分音符が4つ、という意味なので、
8分音符で分解すると(表記すると)、
8/8拍子となり、

ワ、ン、ツ、ウ、ス(リ)、イ、フォ、オ

みたいな感じになります。

単純に4/4を倍速で言っただけです。



6/8は
タ、タ、タ、タ、タ、タ
という感じ。



逆に3/4で捉えると、
ワン、ツー、スリー
の繰り返しになります。



そのへんまでは、まぁ、様々な曲でよく使われている(というか世の中のロックやポップスなどは9割以上がこのどちらか)のですが、
世の中には変わった音楽を作る方も居て(笑)、


"変拍子"というものが存在します!!



例えば、5/8拍子。

これは、1小節内に8分音符が5つ、という意味なので、
タ、タ、タ、タ、タ
の繰り返しとなります。


勿論もはやワン、ツー、スリーフォーではリズムは取れません。

言葉を当てはめれば、
イケブクロ
みたいな(笑)

イケブクロ、イケブクロ、イケブクロ…

が5/8拍子です。



さらには、7/8とか5/4とか、バリエーションは無限ですが、
13/16とか作っても、弾けないですし(笑)、そもそもそんな難解な拍子では、変な曲は作れても、イイ曲は作れません(笑)




という感じで、リズムの基準となる拍子も、色んなパターンがあるという事がわかって頂けたかと思いますが、
次回は5/8でフレーズでも作って、紹介でもしてみたいと思います(^-^)v

 

(2013年2月6日(水) 17:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

ミラクル☆アシスト・ギタースクール
長屋大輔 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・池袋・吉祥寺・笹塚・調布

ブログ記事 ページ先頭へ