サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ ジャズの練習方...

ジャズの練習方法〜常にコードを意識する。

こんにちは!

ジャズギターの練習方法についてよく質問されますが、本当に色々な練習方法があります。

その中でも重要な
「常にコードを把握する」といった意識を鍛える練習方法を紹介します。

ロックやブルースなどでアドリブをとれるようになってきても、ギタリストにとってありがちな落とし穴は
「アドリブソロ中、自分がどこのコード(小節、拍)で弾いているのかわかっていない」
ことです。

これはスケール一発、、転調がない曲ではコードを常に把握していなくても、なんとなくアドリブがとれてしまうからだと思います。

しかし、特にジャズのように「転調、コードチェンジが頻繁に起こる曲では、コードをしっかり把握していないと、音を外してしまう」ことになります。

これを解決するためには、
「自分がどこのコードの上で弾いているのか、小節、拍を含めきちんと理解」
できるようにならなくてはいけません。

僕から提案する練習方法の一つは
「アドリブソロをとりながらフレーズとフレーズの合間にコードを挟む」練習です。

例えば、ジャズスタンダードの「Fly me to the moon」(Key C)を練習する場合、
Am7→Dm7→G7→CM7と進行する箇所をシンプルにAmペンタトニックのフレーズを弾くとするなら、そのフレーズの合間に、上記のコードを挟んで演奏します。

なんとなくKeyがC(Am)なのでAmのペンタトニックでアドリブがとれても、「コードを挟んで自分でハーモニーを補足する」といった制約をつけると、きちんとコードが変わるタイミングを把握していないと演奏することができません。
(ジャズだけではなく、ロックはポップスでも役立つ考え方です。)


文面だけだと説明が分かり辛いですが(苦笑)


なんとなくスケールに沿ってアドリブをしているだけ、という人は
「常にコードを把握してアドリブをとる」
ということを意識して練習してみてください!



 

(2012年12月12日(水) 15:58)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

GWの真夏に迫る暑さから、一転、昨日から3月に戻ったような寒さですね。 体調管理には気をつけないと! さて演奏情報の告知です。 本日発売のドラマCD「あめふらし」 主演:飯田里穂 、 はるかひとみ  OP,ED曲ギターを担当させていただきました。 http://tower...

GWはいかがお過ごしでしょうか? 僕は普段と変わらず仕事をしている毎日です。 4/29には岩船山クリフステージに出演させていただいて、3400人という大勢のお客様の前でメインとなるインストを含め、バックバンドで演奏するという機会に恵まれました。 また、スタジオでガットギター、アコ...

先日は桜咲く目黒川付近のレコーディングスタジオで アコースティックギターとガットギターのダビングをしてきました。 スタジオワークは限られた時間(この日は1時間)の中で行うので、色々な角度から日々鍛錬していなくてはいけません。 もっと良いギターが弾けるように頑張っていきたいと思います。 ...

具体的にレッスンで使用している譜面を載せてみます。 以前に生徒さんのご要望で 「丸の内サディスティック/椎名林檎」のR&B,Jazz 的なアドリブソロ例として書いたものになります。 クリーントーンで弾く大人っぽい(?)色気のあるソロを目指して シンプルにマイナーペンタトニックを基軸...

またまた久しぶりの更新になってしまいました。 僕は録音の仕事、音楽制作でアンプシュミレーターのKemper Profiling Amplifier ( ケンパープロファイリングアンプリファイヤー )をよく使用しています。 単純に言って、便利な機材です。 色々なアンプをプロファイル...

ブログ記事 ページ先頭へ