全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ ジャズの練習方...

ジャズの練習方法〜常にコードを意識する。

こんにちは!

ジャズギターの練習方法についてよく質問されますが、本当に色々な練習方法があります。

その中でも重要な
「常にコードを把握する」といった意識を鍛える練習方法を紹介します。

ロックやブルースなどでアドリブをとれるようになってきても、ギタリストにとってありがちな落とし穴は
「アドリブソロ中、自分がどこのコード(小節、拍)で弾いているのかわかっていない」
ことです。

これはスケール一発、、転調がない曲ではコードを常に把握していなくても、なんとなくアドリブがとれてしまうからだと思います。

しかし、特にジャズのように「転調、コードチェンジが頻繁に起こる曲では、コードをしっかり把握していないと、音を外してしまう」ことになります。

これを解決するためには、
「自分がどこのコードの上で弾いているのか、小節、拍を含めきちんと理解」
できるようにならなくてはいけません。

僕から提案する練習方法の一つは
「アドリブソロをとりながらフレーズとフレーズの合間にコードを挟む」練習です。

例えば、ジャズスタンダードの「Fly me to the moon」(Key C)を練習する場合、
Am7→Dm7→G7→CM7と進行する箇所をシンプルにAmペンタトニックのフレーズを弾くとするなら、そのフレーズの合間に、上記のコードを挟んで演奏します。

なんとなくKeyがC(Am)なのでAmのペンタトニックでアドリブがとれても、「コードを挟んで自分でハーモニーを補足する」といった制約をつけると、きちんとコードが変わるタイミングを把握していないと演奏することができません。
(ジャズだけではなく、ロックはポップスでも役立つ考え方です。)


文面だけだと説明が分かり辛いですが(苦笑)


なんとなくスケールに沿ってアドリブをしているだけ、という人は
「常にコードを把握してアドリブをとる」
ということを意識して練習してみてください!



 

(2012年12月12日(水) 15:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリーの奨学金もパスした実力派!レコーディングにも精通

ビタミン・ギタースクール
三田村和義 (エレキギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下北沢・高...

ブログ記事 ページ先頭へ