サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 ミラクル☆アシスト・ギタースクール スクールブログ 10/30 ...

10/30 コピーを今後に活かす方法

こんにちは♪

ギター講師の長屋です!

そろそろ季節も冬が近づいてきていますね!
冬は当たり前ですが、寒い!!
そうすると、着込む枚数が多くなり、服だけの重量も増すし、
ゴワッと?するため、ギターを背負い、エフェクトケースを持って歩きまわるギタリストにとってはなんとも、いかんともし難い季節でございますwww


っていう、くだらない前置きは置いといて・・・・・・・・

今日と次回のブログテーマは"コピーしたフレーズを基礎練習やオリジナルフレーズに活かす!!"という事で。

皆さんはコピーをバリバリしていますか??

それはどんな曲でも構いません。
好きな曲でも、ちょっと知り合いから勧められた練習に向いてる曲など・・・

どんなのでも構いませんが、せっかく時間をかけてコピーするのですから、
ただ曲が弾けるようになって、少し指が速く動くようになりました!!
だけでは勿体ない!

スコアをわざわざ買ってまでコピーした曲なんて、スコア代までかかっていますからね。

そのコピーした曲のフレーズをどう、今後に役立てていくか??

そのヒントやアドバイスを幾つか紹介しましょう!!




例えば最初の画像は、hideのあの大ヒット曲のイントロ部分です。※原曲はドロップDチューニング(6弦のみ1音下げ)なので注意して下さい。

この曲が好きでコピーをしている、またはした事がある(完成している)としましょう。



このイントロ部分はこれだけでも、ギターを始めて1年以内の人には、まぁまぁの難易度です。
空ピッキングとかハンマリング・スライドなどギターならではのテクニックが満載です。

しかし、このギターリフを弾けるようになってハイ!おしまいではなく、このフレーズから何を学び、どうやって応用していくか??

今後の練習のためにも、オリジナルフレーズづくりにも活かしていきましょう!!

そこで、このリフをちょっと変化させた2番目の画像。


これ、難しくないですか???w

少し変えただけ・・・・・・というか前にズラしてみましたww
たったこれだけでも練習の幅が広がります。

今度はこのフレーズを弾けるまで、自分の基礎練習として組み込んでみるのもいいですね!


さらに元のフレーズを分析してみると、これは(ドロップDチューニングなので注意!)A・B・D・E・Aの音で構成されています。


ポイントとなるのは、9フレットのB音からイキナリ開放のD音に下がる事、
2フレットのE音からイキナリ7フレットのA音に上がる事(しかもスライドで)、
この2点、つまり音程が急に上がったり下がったりする事がこのリフの特徴でもあります。

さぁ、その分析結果を利用して、同じ音だけを使って全く違ったリフを作ってみましょう☆



・・・・・・・・・・・・・・・・・・to be continued

10/30       コピーを今後に活かす方法10/30       コピーを今後に活かす方法

(2012年10月30日(火) 16:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

有名ゲーム曲を手がけ、TV出演多数。業界の裏話も聞けます

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギターコーチの長屋です\(^o^)/ 主にエレキメインですがアコギも教えています。 他にもDTMの基礎とか。 最近は本当にレコーディングの仕事が多いですね! アイドルや声優さん、アニソンなどなど。 今週末にも知り合いの作曲家さんからドラムやベースやシンセサイザ...

先日、CLUB CITTA'川崎でライブやってきましたので、写真をupしてみたいと思います~d=(^o^)=b 大会場、イイっすわぁ~~~☆☆ 変な衣装を着てますがお気になさらずにwww これは、とあるアーティストから聞いた話になりますが、...

今月は大きな会場に出演します!!\(^o^)/ まぁ、ホール程ではありませんが… でも普通にバンドやってて、ここに出演する事は、かなり凄いコトなんですよ♪ これも現役バンドマン講師の僕ならでは(!?) まぁ、あまり(というか全然)講師は関係ありませんがw ...

ライブ三昧な春です\(^o^)/ 今月3本!! 来月も3本!! しかも大会場もアリ!! さらに色々とお仕事として頼まれたレコーディング多数!! 忙しいです。 春はミュージシャンもw しかし、こういった経験をレッスンにフィードバッ...

拍子のお話。 拍子というのは、4/4(4分の4と読みます)拍子とか、 6/8拍子とか よく耳にしますよね? 4/4拍子は簡単に言えば、 ワン、ツー、スリー、フォー と数えるやつです(笑) これは1小節内に4分音符が4つ、という意味なので、 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ