サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 bienn guitar school スクールブログ 魂のチョーキン...

魂のチョーキングその弐

時間が空いてしまいましたが前回の続きを。

どうやったら力まずに安定したチョーキングが出来るかというとこまで書いたので今日はその説明です。

ではまずあまり良くない例から。

それは指でチョーキングしてしまうということです。

指で押さえてんだから指でやるんだろ!って思った方
まぁそうなんですがこれは使う力の問題なのです。

確かに指を使うんですが指の力だけでやろうとするとどうしても弦の張力に負けてしまうのです。
もし出来てもこれが問題の"力み"に繋がってしまうのです。

ではどうすればいいのか。

それは手首の力を使うのです!

うーん、どうゆうこと?
では左の写真を見た下さい。

これは指は固定したまま手首を回して弦を持ち上げているのです。
なので指は曲がったままですね。
ギターは指の頭の部分で押さえるのが理想的なので手首を使う事によってその状態のまま上げることができるのです。

逆に右の写真を見てみましょう。
いかにも辛そうじゃありませんか?

はい、辛かったです(笑)
僕も昔はこうやってたんですが久しぶりにやったらやっぱりすごくやり辛いですね。

これは指の力だけで上げているので指も伸びてしまい押さえる力自体も弱まってどんどん辛くなっていくのです。
あまりいい事がないんですね。

なのでやはり手首を使って楽に綺麗なフォームでやるのが理想的です。
それでも俺は指でやるぜ!って方は止めません(笑)


さあ、理屈は分かったと思いますがこれだけではまだちょっと分かり辛いと思いますので、ちょっとしたコツをご紹介します。

この手首を使う動きはドアノブを回す動きに近いんです。
なので左手(左利きの方は右手)でドアノブを握ってみましょう。ない方はイメージで!
そしてそのまま左(もちろん左利きの方は逆!)に回してみましょう。
そう、これがチョーキングの動きなんです!

これをイメージしながらギターでやってみましょう。きっと出来るはずです。
出来なかったら文句言いに来て下さい(笑)


そしてもう一つ。

また左の写真を見て下さい。

3本の指で押さえてますよね?こうすることによって押さえる力が増すので更に楽に上げることが出来るのです。

この場合は薬指で押さえてる場所を上げているのですが、これが中指だったら人差し指を、小指だったら人差し、中、薬指と、押さえてる前の指も添えてみましょう。
そうするとより、やりやすくなるはずです。

長々と書きましたが、まあ要するに指で押さえて手首を回すだけです。
「左手は添えるだけ」という某マンガの名言がありますが、チョーキングも同じです。



「指は押さえるだけ」



うん、まとまりました(笑)

さあ、この方法を活用して
負担は少なく気持ちは熱く
チョーキングをかましてみてください!

魂のチョーキングその弐魂のチョーキングその弐

(2012年10月24日(水) 18:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

5歳~50代の方まで幅広く指導。具体的な目標探しからじっくりサポート

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

久しぶりの更新となってしまいましたが今回は練習時のちょっとしたアドバイスを。 皆さんはエレキギターを弾く時はアンプに繋ぎますか? 毎回アンプに繋いで練習するって人は少ないと思います。 ちょっと面倒だし、アンプなんか家で鳴らしたらうるさいですからね(笑) なので何も繋...

このスクールの名前の由来にもなった鼻炎。 そして今年の花粉は絶好調なようで。 そのダブルパンチで 僕の鼻は爆発寸前でございます。 さて、前回レス・デューデック氏について記事を書きましたが 彼はスライドギターの名手でもあるので 今回はスライドギターについて触れてみたい...

先日、レス・デューデックというギターリストのライブを見て参りました。 彼はボズ・スキャッグス・バンドやスティーブ・ミラー・バンドの初期のギターリストで、オールマン・ブラザーズの名作「ブラザーズ・アンド・シスターズ」のレコーディングも参加(『ジェシカ』、『ランブリン・マン』で知られてます)。 ...

気付けばもう2月 まだまだ寒い日が続きますが、立春も迎え、暦上では春となりました。 春は新たなスタートの季節 そこのあなたもギターと共に新たなスタートを切りませんか? うん、なんか怪しい勧誘みたい。 なぜこんな事を書くかと言うと ただいま入会金無料キャンペーン実...

皆様、新年明けましておめでとうございます。 今年も多くの人にとって幸せな年になることを願っております。 先日は都内も大雪に見舞われ大変でしたね。 皆様ケガや体調を崩さぬようお気をつけ下さい。 そんな大変な幕開けではございますが、今年は新しい事にどんどんチャレンジし、更なる向上を...

ブログ記事 ページ先頭へ